フィロソフィー

2011年12月06日 08:00

さくらモーニングクルーズの参加車両からみても、その人気が伺い知れるロータス。その魅力はチャップマンの伝説とがんばれが手が届く軽量コンパクトなスポーツカー。英国車だから右ハンドルってのも大きいのかな?

DSC_0079DSC_0143sccf38LOTUS EliteDSC_0075

さくらモーニングクルーズではエランやヨーロッパ、セブンが多いですね。Jr的にもライトウェイトスポーツカーは大好物なのですが、このスーパーカーに一歩足を踏み入れたエスプリもカッコイイですね。遅ればせながら、今更になって気がついてしまいました(汗)

esprit_concept_1.jpg
コンセプトカー

言わずと知れたジョルジェット・ジウジアーロ(イタルデザイン)が1972年に発表したコンセプトカーがベース。1976年にS1が発売されたようです。この時代の特徴でもあるウェッジシェイプが新鮮ですね。

Lotus Esprit
Photo by Auto Clasico

この白いエスプリはS1です。コンセプトにかなり近い事がわかりますね。

esprit_concept_2.jpg

Lotus Esprit S1
Photo by Auto Clasico

参考にサイドビューを並べてみました。移住性の確保など実車にするには現実的に整合性をとった市販バージョンでもコンセプトと大差がない事がわかります。シンプルな線と面の構成でこんなにもカッコイイクルマを作れるなんて凄いな。

1978 Lotus Esprit
Photo by RickM2007

JPSカラーのエスプリなんかステルス戦闘機みたいに精悍ですね。この後、ターボやV8を搭載してボディーをいじくりながら2004年まで28年間に渡り生産されました。

1995 Lotus Esprit S4S
Photo by CarPictures dot com

それだけ長い期間作られれば、時代に合わせて変貌を遂げて行く訳です。それぞれの年式に濃いファンがいる事でしょう。

Lotus Esprit
Photo by Auto Clasico

私の好みを言わせてもらえば、やっぱりコンセプトに込めた想いが色濃く反映されている初期型が潔くて好きです。1985年当時にタイムスリップしたらマイナーチェンジ後のモデルを絶賛しているかもしれませんが(笑)

esprit_concept_4.jpg

それはこのエスプリだけでなく、初代って作り手側の思い入れ、ある意味哲学みたいなものが色濃く反映されているのだと思います。それが販売的には失敗だったとしてもね。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/320-7c25714b
    この記事へのトラックバック