古いクルマに乗る

2011年12月15日 08:00

「やっぱり自分で修理とかできないと古いクルマって乗れないんですよね?」
Mechanic at Charles Street Shops, 1959

こんな質問をされる事が時々あります。皆さんも経験あるんじゃないですか?
同じ趣味の人が集まると「あの時ここが壊れて大変だった」とか「ここをいじったら調子良くなったよ」などなど情報交換から苦労話に自慢話のエッセンスが加わり・・・まぁ、私の場合も皆の顔色見てウケるなら3割増しくらいに膨らましますからね。

でも、それを聞いた古いクルマ所有したい予備軍の方はちょっと腰が引けてしまうんでしょうね。そこで全く個人的な見解でクラシックカーに乗る条件を考えてみました。

クラシックカーに乗る条件
1. 古いクルマが好き
2. 好奇心がある
3. 携帯電話を契約している
4. 相談できるお店や仲間がいる(又はできそう)


免許とかは当たり前ですからね!屋根付きガレージとか工具とか折れない心とか・・・まぁ、それぞれあると思いますが、ワタクシ個人的な条件はこんな感じです。
クラシックにもレベルがあると思いますが、教習所で習うようにオイルや水の量を確認できればとりあえず日本では大丈夫なんじゃないかな?

いくら程度が良くて定期的に点検をしたって機械ですから壊れる事もあると思うんですよね。ただ、好奇心があってクルマが好きであれば、ちょっとした愛車の変調に気付いてあげられるでしょう。それがあれば回避できる事も多いはず。特にクルマにとって新しい環境になれば、しばらくはマイナートラブルが出る事も多いですからね。ちょっとしたトラブルを重ねながら少しずつ仲良くなっていく訳ですよ。馴染んでいくって言うのかな。

確かに自分で修理が完璧にできたらお財布にも優しいし、出先でのトラブルでも安心な気がしますよね。でも、考えてみればトラブルシュートができたって、工具や部品がなければ手も足もでない事も多い。そこで経験があれば応急処置で無事に帰還なんてこともありますが、経験は黙ってたら積めませんからね。

出先で動かなくなったら、それなりの処置をして携帯電話お店、仲間やJAFに連絡。修理をしてもらったら原因や修理箇所を聞いて理解しましょう。はい経験値獲得。ほら、レベルアップの音が聞こえませんでしたか?(笑)

www.mon.garage.free.fr
Photo by peugeot 404
ケータイ圏外だろうな・・・w

家具や時計に洋服など。ビンテージアイテムは高値で取引されていますよね。そんな趣味がある方で、ちょっと古いクルマに乗ってみたいけど不安だな・・・って人は結構多いんじゃないかな?と思う訳ですよ。だって、そんな人に現在、日本で買える新車ではライフスタイルに合わないででしょ?

ミッドセンチュリーの家具で溢れるスェーデン輸入住宅に住んでたら、ちょっと古いVOLVOにでも乗って欲しいじゃないですか。趣味のイングリッシュガーデンに隣接した駐車場に停めるクルマは?ロングボードを積んで波乗りに行くのに決まるクルマだったり、ラタンのバスケットにサンドイッチを詰めてハイキングに出かける事だったり・・・
クルマ自体やその背景やストーリーに惚れ込んで所有するのが王道かもしれないけど、トータルで自分のライフスタイルを表現するのに、需要なアイテムとしてクルマを選ぶって方法もありますよね。

そんな方で一歩が踏み出せない方に、さくらモーニングクルーズが1つにキッカケになってくれればいいなぁーと思っています。

幸せな事にクルマの値段は下がってるし、クルマが止まったら命を落とすような砂漠もないですしね。新しい一歩を踏み出してみませんか?

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. バオヤッキー | URL | nEx7PFYA

    別所でも書きましたが、はじめの一歩が踏み出せたら後は野となれ山となれ、どうにかなるもんですよね。

    あっ、僕はクラシックカーなんて呼べる立派なモノは持ってなかったっす_| ̄|○

  2. ブログ管理人「Jr」 | URL | -

    バオヤッキーさん

    どーも、自分自身不安や心配事より好奇心の方が10馬身差くらいつけて勝っちゃうものでこんな風に背中を押す記事を書いたのですが、共感してくれる方がいて良かったです(笑)

    バオさんはとんでもないモンスターを飼っているじゃないですか。十二分に立派ですよ。完成が楽しみです!

  3. KEiTH | URL | -

    最近の若者は理論的に考える思考回路が全く無いのに車分解しちゃう輩が多い様です。
    以前、ベスパを買った大学生の修理手伝い行った事が有りますが、マニュアルに書いてあるからと言って分解してしまって、どう言う理由でこの作業が必要なのか全く理解しないで平気で作業してました。
    それで組み立たなくなったんですね~。

    前にボルトオンで付くテールランプあげたんですけど、「うちのベスパには付かない」言われて付けてあげたっけかな?ビス2本で。

    って訳で、修理には「理論的に考えられる思考回路が必要」です。
    何なんでしょうね、訳もわからず分解しちゃうって。

    あと、JAFのHPで読んだ「自分で整備するがオイルとガソリンとクーラントを間違えて入れる女性」って話も。

  4. ブログ管理人「Jr」 | URL | -

    KEiTHさん

    所有する事と、更に分解整備までやっちゃうってなるとまた違いますよね。そこに踏み込むと濃密な時間を過ごせるんですけどね。人によっては泥沼とも呼びますが(笑)
    世の中が便利になって、何でもオートマチックに済んじゃう事が多いので、途中の経過を考える機会がないのかもしれません。分っていない事を分っていないのが問題って事かな。
    まぁ、でも自分の周りにもそんな仲間はたくさんいて、「馬鹿だなぁー」なんて言いながら手伝っていくうちに覚えたりするもんですからね。頭じゃなく、体で(笑)

    案外、その若者もKEiTHさんがいたから心置きなくバラせたのかもしれませんよ。

    笑い話にして、その好奇心に拍手を!

  5. KEiTH | URL | -

    いや~、それが対人能力まで欠落してまして、嫌なんで見捨てましたw。
    ベスパが手に負えなくなってショップに入れてからなんか姿くらましちゃったらしいし。
    店先に見た事あるベスパがあったから聞いたら全く連絡取れないって言われました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/328-7349ac01
この記事へのトラックバック