仕掛けはあるのか?

2011年12月27日 08:00

以前、このブログでも触れましたが「改造して遊んで欲しい。」耳を疑うような言葉がトヨタ86の発表会で開発責任者から飛び出しました。保守的なユーザーには「改造=悪」みたいなイメージがあるのだと思っていましたので、トヨタがこんな風に発表したのには正直驚きました。

「改造して楽しむ」って事を考えると、オートバイ乗りの Jr からすればYAMAHAのSRを想像します。いろんな条件があると思いますが、ムーブメントになるには構造がシンプルでベース車が安く手に入るのが条件じゃないかと思います。

08130005

さくらモーニングクルーズを見渡せばスーパーセブンやミニクーパーなんかが思い思いの改造をして楽しんでいますよね。

R0015639

想像に新しい所だと、80年代の4駆ブームや90年代のワゴン・バンブームなんてのもありました。

どれも、クルマを世に送り出した時にはこんなふうにカスタムベース車としてシーンが盛り上がるとは思っていたのでしょうか?きっと想定はしてなかったと思います。しかし、いくつかの条件が重なってムーブメントになったんじゃないかと思います。

最近は、新車販売時のオプションカタログにサードパーティーのオプションが設定されていたり、メーカーカスタムなんてメニューも用意されていますね。でも、それって・・・ねぇー。チューニング的なカスタムであればいいんでしょうけど、外装をいじりたい人は信号待ちで隣に並んだ同じ車種との差別化をしたいって意識もありますよね?そしたらメーカーカスタムは選ばないし・・・

ん?ここまで書いて気がつきましたがそもそも「カスタム」の定義自体が曖昧でメーカーの言う「改造して遊んで欲しい。」ってニュアンスがどれくらいの事なのか?ちょっと意識の差があるのかもしれませんね。

05020029
こいつはCUSTOMじゃなくKUSTOM

YAMAHAのオートバイは他のモデルとの共通パーツがたくさんあって、結果として他社流用カスタムみたいな方法が一般化しています。これはコスト削減などの副産物かもしれませんが、86に何か改造して楽しみたい!って仕掛けがあるのかな?そんな工夫があったら嬉しいですね。その仕掛けがどの程度かで、メーカーの考える「改造して遊んで欲しい!」がどこまでなのか?ヒントになるかもしれません。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/336-69996636
    この記事へのトラックバック