批評

2012年01月12日 08:00

先日、FIFAのバロンドールをアジア人で初めて澤選手が受賞したニュースが日本中を駆け巡った。また佐々木監督や日本女子チームもそれぞれ受賞をして、改めて2011年は「なでしこジャパン」が世界の女子サッカーを席巻した年である事を印象付けました。クルマの世界でも様々な賞があり、日本メーカーのクルマが評価されれば、やっぱりちょっと嬉しかったりします。

Audi A1 SAMURAI BLUE

ベストがあればワーストも
女性雑誌でも抱かれたいとか抱かれたくないなんてランキングがありますが、クルマの世界でもいろいろあります。最近、アメリカ市場が選ぶ「2011年販売台数ワースト10」が発表されました。ベスト不人気車ってことですよね。この中に日本車が7台も含まれているそうです。(参照:オートブログ記事

しかし、何故日本ではこのような発表ってないんでしょうね?比較広告がウケないなど、日本人の文化に合わないって背景があるなんてよく聞きますが・・・。

自動車雑誌がつまらない
中学生の頃から本屋に行っては自動車やオートバイの雑誌を足が棒になるまで立ち読みしていた私ですが、最近は雑誌を全く読まなくなりました。その理由の大きなウェイトを占めるのが広告と提灯記事のオンパレードって事。新車が出れば手放しで褒めちぎるインプレなんて読んでも面白くないでしょ?

新車情報は違った
昔、テレビで放送していた「新車情報」って覚えてますか?ジャーナリストの三本さんの辛口コメントにメーカーの開発者が凍り付く・・・そんな場面を何度も見た事があります。その評価基準が私の興味とは合わなかったので熱心に観ていた訳ではないのですが、硬派な凄い番組でした。残念ながら2005年で終わってしまいますが、1977年から27年間も放送された長寿番組でした。

Top Gear
新車情報が始まった1977年に英国BBCでも有名な自動車番組がスタートしています。それが有名な「トップ・ギア」です。英国人特有の辛辣なジョークを交えたクルマの批評はとても面白く、エンターテイメントとして成立しています。動画投稿でも度々アップロードされているので見た事がある人も多いかもしれません。まず番組でテストコースを持っているのが大きいですね。そこでスポーツモデルのタイムアタックはもちろん、大衆車を使った有名人(何とトム・クルーズまで!)のタイムアタックやバカらしい企画も盛りだくさん。


新旧マスタングの競演!少なくともカーグラTVじゃ観れないなw

容赦なし
The Cool Wallってコーナーでは番組進行役の3人が好き勝手にカッコイイ・カッコワルイを決めてボードに貼っていきます。かなり偏った意見で例えばアルファロメオはカッコヨクてアウディーはカッコワルイ方に貼られる事が多いですね。もちろん日本車も出てきますよ。なんて言われていたかは・・・番組を見て下さい。
容赦なくダメだしをしますが、別にそれに怒る人はいないでしょう。だってその人の感覚なんだもん。もし自分の好きな車がけなされても「お前はわかってねぇーなぁー」でいい訳ですからね。

まぁ、実際には何度も訴えられてたりするんですけど・・・。

興味出てきました?BSフジで放送しているのでチェックしてみて下さい。

ここまでは極端だとしても、きちんとした批評が存在しない日本も同じように極端だと思うんですけどね。読者や視聴者の欲しい情報ではなく、自分のポリシーもなく、スポンサーが喜ぶ記事ばかり書いてたら、結局自分たちの首を絞めることになるのにね。

英国って大きな自動車メーカーがなくなってしまったのに、懐の深い自動車文化はちゃんと残ってるんですよね。いやはや敵いませんわ。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. バオヤッキー | URL | cOgSEk7s

    どもっ

    私が感じるのは感心が無いから批判されないのかなって思う気持ちも有りますし、他社との揺るぎない違いがないからチョットした批判に対して揺らいでしまうのではないかなとも思ってしまいます。

    結局、モノを作ると言う事はポジティブな評価、ネガティブな評価、両方受け入れないとダメなんだろうなって感じがしています。それにしても誰にも文句を言われなくなったら終わりですよね。

  2. ブログ管理人「Jr」 | URL | -

    バオヤッキーさん
    感心がないから話題にもならない・・・いたたたたっ(苦笑)しかし、音楽や映画なんかだと手厳しい批評はちゃんと存在するんですけどね。

    ネガ評価が怖い→マーティングで皆が納得するの作る→可もなく不可もないものができる=悪くないけど、欲しくもない。

    なるほど。不幸な話だな。皆、余裕がないんですよね。きっと。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/344-72e95c4e
この記事へのトラックバック