ペッパーカー

2012年02月01日 08:00

前回カーズの記事を書いたように、甥っ子に「カーズ2」のブルーレイを借りて観ました。

CARS 2 LIGHTNING McQUEEN

今回はワールドグランプリが舞台。なんと開幕戦は東京GPです。フォーミュラーカーやルマンカーにナスカーやラリーカーなど様々なカテゴリーのクルマが最速を求めて同じ舞台で戦います。それを市街地コースで行うんですから夢のようですね。これぞアニメーションの醍醐味でしょう。まぁ、残念ながらレースの駆け引きだとかが話のメインではありません。

ペッパーはコショウで故障
石油利権を巡る争いがベースに(急にリアリティーがw)ペッパーカーファミリーがレースを妨害するのですが・・・みたいな話で興味のある方はレンタルに走ってもらうとして、今回はそのペッパーカーについて。
ペッパーカーは何らかの問題で一般的に評価がされなかった不遇のクルマ達です。劇中でもレッカー車のメーターが「僕らのお得意さん」みたいな話をしていました。

Zündapp Janus
Zündapp Janus 250
Photo by sunrise25

ドイツのオートバイをメインに作っていたメーカーのマイクロカーです。前後ほぼ対象ボディーでサイドビューはまるで中心に鏡を置いているみたい。こんな風に前後の乗員は背中合わせで乗り込みます。斬新だ!(笑)

AMC Gremlin
AMC Gremlin
Photo by nathanking

クライスラーに吸収されたアメリカのメーカーです。1970年の登場ですからオイルショックに対応する為に慣れない手付きで作ったエコじゃないコンパクトカー。V8モデルもあるので「もしやホットハッチもある!?」って思いきやリヤハッチはガラスしか開かないのでハッチバックでもなかったりします。無駄にでかいサイドパネルのせいで大きいリヤガラスの割に後方視界も悪そうだなぁー。

AMC Pacer
1975 AMC Pacer
Photo by Gremmie

グレムリンのオーナーから「斜め後ろが全然見えなぇーよ!」って苦情が殺到して「それならガラスでかくしましょっか」と作られたのが(想像ですw)このペーサー。一応ハッチバックになっていたりしてがんばった感じがありますね。3.8リッターの直列6気筒エンジンとか・・・余裕のある国はいいですね。

でもね、この3台とも私はなんだかキライにはなれません。いや、正直に言うと大好きです。ペーサーなんか今っぽいんじゃないかな?この水色なんか最高。フランス車に通じる雰囲気があると思うのは言い過ぎかな。でも全幅が1800mm近かったりと、実車を目の前にすると印象変わるかな。

個人的には、もっとペッパーカーにふさわしいクルマあるんじゃないか?とも思いましたが、現存するメーカーには気を使ったのでしょう。皆さんはどのクルマをペッパーカーに推薦しますか?

追伸
そーだ、映画は終止007乗りで派手な子供向けシーンの連発でちょっと萎えそうになりましたが、ウィットワースのボルトやオイルフィルターが重要なキーになるところなんてクルマ好きにはたまらない演出でした。ディスクについているオマケストーリーも楽しいし是非観て下さい。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/357-d1ef46af
    この記事へのトラックバック