ビートル兄弟

2012年02月07日 08:00

先日、VWの新型プラットフォームが発表されました。

volkswagen_mqb_platform_01_1-0202.jpg

このプラットフォームはエンジンマウント周辺以外は柔軟に寸法を変える事によって、時期モデルの「ゴルフ」を筆頭に小さい「ポロ」から「パサート」まで9車種に利用可能。その他にもアウディーやシュコダ、セアトにももちろん流用されます。

volkswagen_platform.jpg

搭載パワーユニットもガソリンエンジンからディーゼルエンジンにLPGやEVなども対応。ユーザーにとっては、小さなポロを買っても、パサートの品質を満たすしっかりとしたプラットフォームのクルマに乗れる事で満足感を得られるのかな。排気量や馬力やステイタスでクルマを選ぶのではなく、本当に自分に合ったクルマを選ぶ。小さなクルマだから安くて作りも甘いって事にならない感じがしませんか?メーカー側にもコストダウンだけ考えても大きなメリットがあるのは言わずもがな。わかりやすいなー。

VWがこれをやるのは当たり前なんですよね。古いクルマが好きな方ならピンと来るでしょ?

Sunset Bug
Photo by Aircooledbenny

そうビートルです。国民車としてヒトラーの命でポルシェ博士が開発したあの大衆車です。本格的な量産を前に戦争が始まってしまい、その国民車は軍用車として走り出します。

Kubelwagen at Astle Park Steam Rally
Photo by _DaveAdams

それが簡単に出来たのがこの広告でもわかるように、ドライブトレーンを搭載したシャーシの上にセミ・モノコックボディーがボルトオンしてある構造だからです。トーションバー式のサスペンションを持つ初期のビートルであれば足回りまでキレイにシャーシ側に残ります。

Beetle chassis
Photo by route9autos.co.uk

Wolfsburg - Volkswagen Assembly Line
Photo by roger4336

この汎用性の高いプラットフォームをベースにタイプ2から4やカルマンギヤなども作られました。更にビートルをベーストにバックヤードビルダーは様々なクルマを製作できたんですね。

DSC_0166

デューンバギーもアメリカ市場獲得の為にビートルをベースに作られた派生車ですよね。バハバグには憧れたなぁー。

1972 VW Beetle TYPE-1
MY FIRST BEETLE

こうやって記事を書きながら写真を見ていると魅力的なビートルと兄弟達が沢山出てきてどれを掲載するか迷ってしまいました。またいつか乗ってみたいな。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/360-f0d0f094
    この記事へのトラックバック