sky

2012年03月01日 08:00

我が家にサンルーフがやってきた!
1979-1985 TOYOTA LITEACE WAGON

子供の頃、父親がクルマを買い替えると一緒に夜のドライブに連れて行ってもらいました。どんなクルマでも嬉しかったのですが、初めてサンルーフ付きのクルマが来たときはめちゃくちゃ嬉しかったですね。
シートに仰向けに寝転がれば空が見える!言葉で書けば当たり前だけどそこから見える青空は四角く切り取られて小さかったけど、大きな感動でした。

オープンカーなんて・・・
Caterham 7 Roadsport 150 Development Prototype
Photo by Ian Eveleigh

オートバイに熱を上げていた頃、クルマに乗る時くらいクローズドボディーで好きな音楽聴きながら流したい・・・そんな風に思っていた事もありました。そんな時に我が家にやってきた小さなオープンカー。そいつは、いとも簡単に価値観を変えてしまったんです。

Convertible TR7 on a Sunny Day
Photo by Doctor Dearborn

ノーヘルメットで広い空を感じられる事の気持ちよさ!オートバイは基本的に前傾姿勢ですし、アメリカンタイプでも路面状況を気にしながら走るので空はあまり感じません。でもオープンカーは違うんですね。ホント、空が広いんです。左手はハンドルに。右手は肘をドアに掛けてフロントウィンドの右上角を掴んで走る感じ。

Hayato + Mustang convertible = wheee!
Photo by Quinn Chow

これっていくら言葉を尽くしてもなかなか伝わらなくて、でも体験してしまえば一発で伝わっちゃう事なんですよね。ネットじゃ、こんな単純なクルマの楽しさも伝えられないなんて・・・さくらモーニングクルーズだったら簡単なんですけどね(笑)

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

  1. バオヤッキー | URL | mQop/nM.

    なんか見ては行けない写真を見てしまったような気分になったのはなぜ?

    確かに頭で考えているだけじゃ全然話にならない事ってありますよね。

    チョット恥ずかしいし、チョット注目されちゃうけど、そんなの慣れちゃえばそれも楽しめるのが趣味車の醍醐味かもしれませんね。

    なんでも頭でっかちにならない事でしょうね。

    感じろ!と声を大にして言いたいが、意味を勘違いされても困るので、今日はこの辺で(汗

  2. ブログ管理人「Jr」 | URL | -

    バオヤッキーさん

    見てはいけないもの?僕の髪の毛が長いからですか?(笑)

    ブルース・リー先生の言う通り。 "Don't Think, FEEL!"って事ですよね。
    恥ずかしいと感じた事がない僕は何かが欠落しているのかもしれませんけど・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/374-7ea595e7
この記事へのトラックバック