プジョーの車窓から

2012年03月09日 08:00

最近のカーアクション映画のヒット作と言えばワイルドスピードシリーズがタクシーシリーズでしょう。シリーズ公開当時にプジョーに乗っていた事もありよりタクシーの方により感情移入して観ていた気がします。ハリウッド映画とは違ってフランス車を中心とした欧州車がフランス(マルセイユ)の街並を疾走するシーンは新鮮でした。

1996 Peugeot 406 Série 1
taxi406.jpg

主人公の乗るプジョー406。ピザの宅配から念願のタクシードライバーになった彼はBTCC仕様の406を更に改造を加えてモンスターマシンに仕立てます。ノーマル然としたスタイルからボタン1つでスーパーマシンになる所なんて最高ですよね。安っぽさが(笑)見事に影響されて106の次は406に乗ろうと思ってました。

1992 Mercedes-Benz 500E (W124)
taxi_w124.jpg

ドイツ強盗団が乗るのはもちろんベンツ。普段はシルバーですが、逃走時には赤に塗り替えてスポイラーなんかも装着されます。しかし、フランスとドイツってこんな構図なんですね。日本で言えば・・・ご想像にお任せします。(苦笑)

Peugeot Police Car
police_taxi.jpg

お気に入りはたくさん出て来るプジョーベースのパトカー達ですね。路地からワラワラと小さいパトカーがたくさん出てくる所が非常にキュートです。日本のドラマでも「あ、このクルマ古いし、きっと爆発するんだろうな・・・」って分りますよね?そんな匂いがプンプンとしてまして(笑)

劇中にはこの他のプジョーやシトロエンはもちろん、ランチャやフィアット、ミニ、トヨタや日産、ホンダにオペルやフォードなんかも出てきます。そんな背景を見るのも楽しいんですよね。いや、そこが楽しめないと、普通のコメディー映画ですから・・・。

気軽にちょっとエクストリームなフランス旅行が楽しめるTAXi。フランス大衆車好きにはオススメです。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/381-21a9b8cb
    この記事へのトラックバック