お手本

2012年03月26日 08:00

ルーチェ VS シルビア
1966-1972 MAZDA LUCE  1965-1968 NISSAN SILVIA (CSP311)

マツダのルーチェはベルトーネ時代のジウジアーロによるデザイン。1966年にデビューしています。
一方、シルビアの方は1964年のモーターショーでダットサンクーペ1500としてデビューしました。デザインは日産ですが、当時コンサルトをしていたドイツ人デザイナーのアルブレヒト・フォン・ゲルツ氏のアドバイスがあったと言われています。このゲルツ氏ですが、ドイツ人でありながらアメリカに移住し、陸軍に入隊し退役した後にレイモンド・ローウィと出会いデザインの勉強をしたそうで、なかなか面白い経歴ですね。

スカイライン VS クーダ
2000GT-R (1973 KPGC110)  1972 Plymouth `Cuda 340
L)Photo by dcdomain  R)Photo by Albert S. Bite

1972年デビューのいわゆるケンメリスカイラインです。シャーシを共有するローレルもそうですが、アメリカ車からの影響をかなり受けているように見えます。
1970年にバラクーダーのハイパフォーマンスバージョンをクーダとして売り出しました。コンパクトなボディーにヘミを搭載したホットモデル。この時代の日本車のカスタム手法に後ろの車高を上げる「ホットロッド」なんてのがあるのは、やはりアメリカ車への憧れがあったからでしょうね。

Tochigi Touring

昨年、友人とオートバイ仲間とツーリングへ行きました。現地でさくらモーニングクルーズでお馴染みのダッジ・チャージャーと待ち合わせをしてBBQをしたのですが、そこには珍走団?旧車會の方々が。皆さん、「アメ車いいっすねー。オレもカマロあたりでいいのでいつか欲しいんっすよ。」なんて言っていましたよ。

senbonmatsu.jpg

オイルショックや排気ガス規制でアメリカ車もだんだんと勢いがなくなっていって、アメリカ車をお手本にしていたのはこの辺りが最後なのかな?

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/392-696f4972
    この記事へのトラックバック