自己責任

2012年04月27日 08:00

初めてのユーザー車検
ちょっと前から準備していたオートバイの継続検査です。車検整備については二輪車の定期点検記録簿(ネットでダウンロードできます)に沿って点検を行い、エンジンオイルやブレーキオイルの交換を合わせて行いました。

kasukaberikuji.jpg

勤めていた工場が指定工場(民間車検場)だったので自分で検査場にクルマを持ち込んで検査する事については素人同然の私。オートバイは一度だけ持ち込んだことありますけど、もう10年近く前なので覚えていません・・・。でもインターネットで調べればいくらでもやり方を教えてくれるサイトがあるので検査については全く問題ありませんでした。

Man Working on Car in Hell's Kitchen, New York City ... 06/1974

このユーザー車検ってどれくらいの人が利用しているんでしょうか?車検の検査自体は、簡単に言えば灯火装置が点灯して警音器が鳴って、スピードメーターが作動して、排気ガスが浄化されていて、音が静かであり、ブレーキの制動力が出れば通ります。普通に現代のクルマを購入して、日常的に使っていれば、何も整備しなくても車検はパスできるクルマは多いと思います。

Red Light of the Exhaust Analyzer Indicates That This Car Failed the Test at the Auto Emission Inspection Station at Norwood Ohio...09/1975

でも、車検をパスするのと、その後安全に使えるかは別の話。車検はあくまでも現時点の状態が定められた基準に適合するかを調べるもの。次の車検までの2年間(1年のもありますね)を安全に使える事を保証するものではありません。

ディラーや修理工場へ車検を頼むと高い?
ディーラーや修理工場に頼む車検はこの「検査」と「点検整備」をひっくるめています。ユーザー車検は「検査」にしかお金がかからずに「点検整備」は自己責任になるので支払うお金は安く済む訳です。でも、私達が必要なのは検査ラインをパスする事ではなく、その後安心してクルマを使える事ですよね?

私も働いていた時にお客様に「ディーラーは車検が高いからなぁー」と言われました。でも車検の金額は高くありません。(もちろんユーザー車検に比べたら人が動くので代行料が余計にかかりますけど)点検項目に沿って点検を行い、更に距離や年数に応じて消耗部品を交換(実際にやるかはユーザーの判断を仰ぎます)し、そのクルマのクセを知っているので的確なアドバイスや整備ができます。更に会社の規定に乗っ取って保証もするのです。これが高いか?安いか?はユーザーの判断です。

一度ユーザー車検をやってみたいって知的好奇心だったり、私のように安く済ませたいなどいろいろ理由があると思います。でも、自己責任が課せられる事だけは念頭に入れておきましょう。それが重いと感じれば業者さんに頼んだ方が安いかもしれませんよ。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/419-ac21bb71
    この記事へのトラックバック