エンジンは主役?脇役?

2010年09月29日 08:00

以前、知り合いが車を買ったと新車でやってきた。一通り話を聞きながら「乗ってみる?」なんて話を頂いたのですが、その前に「エンジン見せて」と言ったら不思議な顔・・・。

lexus-lx570-engine.jpg
LEXUS LX570 MOTOR
エンジンフードを開けてもらい、そこに現れたのはプラスチックカバーの悪夢でした・・・。

そりゃ、怪訝な顔をされる訳です。(苦笑)僕だってこんなんだったら見てもしょうがない訳ですぐにボンネットを閉じましたよ。もうエンジンの気筒数やバルブの数にカムシャフトの本数に縦置きとか横置きとか気にしてクルマを選ぶ人は少数派なんでしょうか。
モーターショーに行っても車の前には燃費性能を表示するばかりで馬力を誇らしげに掲げるメーカーはなくなってしまいました。少なくても日本ではね。

eg01.jpg

しかし、さくらモーニングクルーズではそんな事はありません。エンジンフードを開ければ「おお!」とみんなが集まってきます。

eg-prince6.jpg

オリジナルに忠実にレストアされたエンジンを鑑賞したり・・・

eg-mini.jpg

時代考証に気を使ったレストア&チューンナップだったり・・・

eg-eu.jpg

現代の技術を取り入れてチューンナップしてあったり・・・

eg-nissan.jpg

エンジンを肴に、オーナーの苦労話に花を咲かせます。



eg-bmw.jpg

レース仕様車からは経験に基づく様々なトライを発見できたり・・・

eg-volvo.jpg

アイデアを自分の車にも取り入れられるかな?なんて妄想をかき立ててくれます。

eg-lotusf.jpg
eg-honda.jpg

伝説のエンジンを前にただ見入ってしまう事も多いですよね。

eg-sg.jpg

当時の最高水準の技術をエンジンから読み取って見るのも面白いし・・・

eg-old.jpg

発動機の鼓動に何か癒しを感じるのは末期症状でしょうか!?(苦笑)

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 水色の人 | URL | -

    エンジンルーム。

    エンジンルームは旧車を見る時の楽しみのひとつですよね。
    個人的にはエンジンルーム(エンジン)とステアリングがオーナーの拘りが分かりやすいかなー?なんて思っています。
    「汚ねぇ。。」と思われないように少し磨いていきます・・・。

  2. ヨンパチ管理人「Jr」 | URL | v6O6VgHs

    なるほどー。普段見えない部分に気を使うか?機関の面倒をどうやって見ているか?手に触れる部分へのこだわりは?面白い観点ですね。

    しかし、ウチは「汚ねぇ。。」の方なので・・・(苦笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/43-a720dbdf
この記事へのトラックバック