相乗効果

2012年05月24日 15:25

マツダとフィアットの協業プログラムが発表されました。

1999 MAZDA ROADSTER 10th Anniversary model

時期型ロードスター(MX-5)をベースにフィアット傘下アルファロメオのオープン2シーターを2015年生産開始を目指して開発するとの事。

Alfa Romeo Spider

最近のスパイダーはフィアットやGMのシャーシにアルファロメオらしいデザインのボディーを被せた前輪駆動のオープンカーだった訳ですよね。自社で開発出来ればいいのですが、そこまでの開発力もない・・・。どうでシャーシを他社から融通してもらうなら後輪駆動でもっとコンパクトなMX-5の方がいいよね?って事でしょうか。

Eunos ROADSTER

マツダも経営は非常に厳しい状況の中で、自社の他のクルマとシャーシを共有出来ないロードスターを共有出来る事はメリットがあると。それよりも、ここから始まる協業がどんな相乗効果を生んでくるのかが楽しみですね。

Alfa Romeo Spider

でもアルファロメオファンはどう思ってるんでしょうか?広島出身のロードスターがイタリアンスーツを身に纏って「チャオ!」って言われたら・・・。

信頼性が上がって嬉しい?それとも・・・。

スズキとVWは上手くいかなかったようですが、フォードとやっていたマツダなら大丈夫!?ワクワクするようなケミストリーが目撃出来る事を期待します!

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/438-c2e1475d
    この記事へのトラックバック