イメージも大切

2012年09月06日 08:00

日本車のオートマチックトランスミッション、いわゆるAT車の比率はいつのまにかオートマ大国と思っていたアメリカを抜いていたのも随分と前の話。AT限定免許が設定されてもう20年以上経ち、燃費で不利だったりとネガティブな面も改善され、トラックやタクシーなどプロの運転士が扱う車種にもATが増えています。もはやマニュアルトランスミッションは趣味で乗るスキモノの仕様になってしまいました。

2010 VW POLO

私もワーゲンのDSGに試乗した時は、「これはまいったな・・・」と驚いたのを覚えいます。小気味良い変速タイミングにダイレクト感あるフィーリングは、トルクコンバーター式で抱いていたATのネガティブな印象を払拭してくれました。前にも引用した事がありますが、PORSCHEの曰く「クラッチを操作したいというのは、チョークレバーを操作したいというのと同じ事」が実感としてわかった気がした瞬間でした。

MG

だからと言ってマニュアル車が終わってしまう訳ではありません。当のPORSCHEだってマニュアル仕様を残しています。だってね、ラップタイムとか効率とかエコだとかが最重要課題じゃない人だってたくさんいるじゃないですか。

Go to Motegi

1馬力もない人間が100馬力以上のモンスターを制御するようなそんな感覚。それは錯覚かもしれないし、上手く走らせてあげられてないのかもしれないけど。あくまでも自己満足の中でコントロールした満足が得られるのがマニュアル車のいい所かな。アクセルとクラッチとシフトレバーでエンジンと対話をしている感覚ですかね。

ブレーキとアクセルを踏み間違えて立体駐車場から落ちる・・・そんなニュースを今だに耳にします。お恥ずかしながら私も初心者の時に実家の駐車場でやってしまった経験があったりします。これからセンサー関係の装備が進んでそんな事故さえも防止できるようになるんだと思いますが、マニュアル免許で運転した経験って必ず生きると思うんですよね。

Renault Twingo Tricolour

友人はオートマチック限定免許を取りに行こうとしている彼女に「フランスの女の子はみんなマニュアル車をキビキビ走らせてるんだよ」と説得したそう。そんなイメージって大事です。

今後も48PRODUCT「Jr」は日本でのマニュアルトランスミッションと2ドア車の地位向上を目指します(笑)

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/520-a25eb23a
    この記事へのトラックバック