SUPER AMERICAN SUNDAY 2012-4

2012年09月13日 08:00

その他のカーショーのエントリー車両はフリッカーの写真を見てもらいまして、このショーの目玉の「MOTEGI STREET SHOOT OUT」(ドラッグレース)をレポートします。
Drag Race

いわゆるドラッグレースは1/4マイル(約400メートル)の直線で競うレースです。本場のアメリカと違って日本では常設の本格的なドラッグコースは仙台にあるのみ。「アメリカンモータースポーツを楽しめるツインリンクもてぎ」と自ら宣言するもてぎにもありません。そこでオーバルコースの直線部分(304.8m)を使って開催するのがMOTEGI STREET SHOOT OUTになります。

DSC_3310

ドラッグレースは誰もが気軽に参加できるモータースポーツ。ストリートクラスなら会場に駆けつけたあなたのそのクルマで参加しても大丈夫。改造範囲はごく限られています。ワンボックスカーやピックアップトラックなんかも走っていましたよ。

DSC_3246

その上にスーパーストリート(改造範囲も広く、ドラッグスリックタイヤを履ける)、コンペティションがあるようです。

DSC_3294

エントリーはアメリカ車だけではなくて、スカイラインやスープラ、RX-7なんかもいました。アメリカンV8とは違ったエクゾーストノートに震えました。

DSC_3300

しかし、間近で体感できるバーンナウトは最高ですよ。轟くV8サウンド!タイヤのスキール音!そしてゴムの焼ける匂い。

DSC_3268

個人的にはこの辺りのモパーの争いが楽しかったな。なんて言いながら実は暑さに負けてフリー走行しか見てないんですけど。一応、「CATERHAM SUPER 7」は一台もいなかった事はお伝えしておきます。ハイパワーエンジンチューニングが完成間近の某氏殿。ストリートクラスに参戦するなら応援に行きますよ(笑)

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!





関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/527-08eea839
    この記事へのトラックバック