ダイハツ・ビー

2012年09月20日 15:31

ちょっと用事があってダイハツ・ビーやトヨペット・クラウンをはじめ古いAustinやオート三輪を所有する大正自動車さんにお邪魔しました。何度もクラシックカーフェスで拝見させてもらっているダイハツ・ビーですがちゃんと写真を撮っていなかったのでついで撮影させてもらいました。

1951 DAIHATSU Bee
1951 DAIHATSU Bee

ダイハツ・ビーと言えば3輪である事が一番のチャームポイント。オート三輪で実績のあったダイハツが1951年に世に送り出した乗用三輪車。それがわかるようにローアングルで1枚。

1951 DAIHATSU Bee

シャーシもエンジンも専用設計の新開発。職人が一台、一台叩き出して作ったハンドメイドボディー。贅沢なクルマですよね。おかげで(?)車両重量は960キロもあるようでいろいろバランス的にも苦労したんでしょうね。3輪のアンバランスさが見た目にもユニークで一度観たら忘れられないルックスです。

1951 DAIHATSU Bee

それでも強制空冷OHV水平対向二気筒804ccエンジンは、最高出力18馬力、最高速度78km/hを叩き出し、タクシーなんかにも使われていたそうです。エンジンは古いHarley‐Davidsonみたいで味があるなぁー。

1951 DAIHATSU Bee

たった1年間しか作られなくて、販売台数もかなり少ない稀少車。しかも世の中で実働しているのは、この1台のみ!凄いでしょ?今度、どこかのショーで見かけたら本当に希少なクルマなのでじっくり観察しましょう。

オマケ

2012/9/16
NIKON D5000


Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/531-5402c5b4
    この記事へのトラックバック