coupé

2012年09月24日 11:59

若者のクルマ
高校3年生にもなると自動車免許を取りに行き始め、早い奴だと高校時代にマイカーを所有するなんて事も多かったあの頃。多くの若者の憧れのクルマはクーペでした。

1989-1993 Nissan Skyline

年代的にはこの辺り。GT-Rが復活したスカイラインが憧れの頂点だったかな。スープラやRX-7なども憧れの対象。幸運にも親から買ってもらえたとしてもシルビアやプレリュード。当時デートカーと呼ばれた2ドアクーペで何人も同級生が乗り込んで九十九里の海へ遊びに行ったもんです。

TOYOTA COROLLA LEVIN AE86
頭文字D以前の当時はシルビアK'sを買えない若者が手の届くFR車としてハチロクを買っていました

個人的にはまだクルマにはあまり興味がなく頭の中はオートバイの事ばかりで、クルマは故障したオートバイを積めるトラックがいいなぁーなんて考えていました。生まれついてのへそ曲がりなのでクーペなんて見た目で速そうなクルマより、トラックやセダン、ハッチバックなのに実は速いのです・・・みたいなクルマの方がずっと好きでした。

カウンターか?年齢か?
1972 CHEVROLET CHEVELLE

でも、今になってクーペが非常に気になるのです。このblogを読んでくれている方ならもうお気づきだと思いますけど・・・折に触れては70年代前半のアメリカンクーペの微妙さ加減がたまらない!と書いてきましたから。

Maserati GranTurismo

クーペとは若者のクルマと書きましたが、現在でもトヨタ86の購入者は子供の手を離れた世代が多いとか。多くの仲間と遊びに行きたいしキャンプやレジャーでもガンガン使いたい若者から子育て世代はミニバンになるのは当選と言えば当然。そうなるとクーペとはオヤジのクルマになってしまったのかな。まぁ、昔からかっこいいオヤジはクーペを転がしているイメージですけどね。

1969 AUDI Coupe S

そんな世代になって来たからか?それともあまりにもミニバンなどのユーティリティーを重視したクルマがもてはやされているからか?理由はどこにあるのかはわかりませんが、いつのまにかクーペを目で追っていました。このアウディーのクーペSなんか繊細なピラーが印象的で素敵なクルマでした。

PORSCHE 911

もちろんナローのPORSCHEも忘れちゃ行けません。このようにかっこいいクーペはたくさんあって目移りしてしまいますが、やっぱり気になるのは美しいだけじゃない、何かを感じるもの。そんな観点から見ると3世代目クラウンのクーペ(厳密に言えば2Dr HT)なんか日本車の中ではなかなかイイ線いってるんですよね。

1967-1971 TOYOTA CROWN

速そうじゃないいばったフロントマスクとそれに似合わないキレイなクーペスタイル。そのアンバランスさがなんだか愛おしいです。

1969 Oldsmobile Hurst/Olds

マスタングやカマロではなく、こっちを選ぶのってなんかかっこいいでしょ?え?理解できないって?まぁ、それはそれで私にとっては褒め言葉なので遠慮せずにそう言ってやって下さい(笑)

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/532-b484c155
    この記事へのトラックバック