MG TD

2012年10月04日 08:00

さくらモーニングクルーズや近所で開催されるクラシックカーのイベントでもよく目にするMG。ロータスと並んで日本で人気のある英国のクラシックカー。

MG

特にTFまでのMGは、若造には簡単に手が出せないオーラが出ていて、これが似合うような年齢になるまでクルマ好きでいたいなーと思います。もしかしたら落ち着いたイメージを持たれている方も多いと思いますが、出自としてはオープン2座のスポーツカー。本場ではこんな風に走っています。

Number 53 1953 1250cc MG TD driven by Rachel Prehodka-Spindel
Photo by albionphoto

ノーマルスクリーンを外してレーシングスクリーンに。ロールバーやバケットシート、4点シートベルトはサーキット走行だから当然。フロントフェンダーはサイクルフェンダーに交換され、エンジンサイドのパネルは放熱の為に取り外されていますね。

1951 MG TD
Photo by autoidiodyssey

TDから付いたフロントバンパーですが、取り外すとクラシックでレーシーになりますね。リアのスペアタイヤも外すのは当然。

1950 MG TD Von Neuman Special
Photo by autoidiodyssey

こいつは完成度高いな・・・。やっぱりスポーツカーはサーキットで映えますね。サーキットは敷居が高くてもサーキット仕様の雰囲気は参考になります。

img_0197
Photo by dablyk

ノーマルスクリーンを前に倒すだけでも決まるなー。特に奥のTCは下手にレース仕様にしないでこれくらいで十分に雰囲気が出ますね。

MG TD Midget
Photo by The Adventurous Eye

こうやってサーキット仕様を見ると、同じクルマを見てもよりスポーティーに感じてカッコヨク見えるんだよな(笑)やっぱりクルマの魅力は燃費なんかじゃないはずだ!

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/540-6b4a8aa3
    この記事へのトラックバック