レーシーなアクセサリー

2010年10月20日 08:00

open1.jpg

ミーティングではエンジンルームは絶好のアピールポイント。モパーのハイパフォーマンスマシンは軽量化のためにボンネットのヒンジなどは省略されていました。このでかいボンネットを「よっこらしょっ」と取り外す訳です。アメリカ人すごい・・・(苦笑)

open2.jpg
その辺は、CATERHAM SUPER7も同じですね。これなら日本人でも外せます

利便性はとりあえず置いといて、単純で軽量だけど確実にボンネットをロックする部品としてボンネットピン方式を採用しています。

open3.jpg

そんな事もあって、この外部に露出した「ボンネットピン=レーシー=かっこいい!」って図式が出来上がりました。(個人的見解ですが)すると、「別にボンネットは軽量化もしてないし、ヒンジもロックも付いてるけどアクセサリーとしてボンピンを取り付けたらかっこいいんじゃない?」って事になりますよね?え?強引ですか?(笑)

open02.jpg

open04.jpg

open03.jpg

レザーのベルトなんて雰囲気があっていいですよね。ズボンのベルトを利用して作れるかもしれません。穴開け加工が嫌だったらマグネットで取り付けられるようにしてもいいかも。なんかタダモノデナイ雰囲気がかっこいいなぁー。

クラシックカーの場合は過酷な状況でボディーが歪んでしまい、通常のロックが開いてしまうような事故を未然に防ぐなんて事もあるのかもしれませんが・・・・

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/58-b9f1d251
    この記事へのトラックバック