決断の時

2012年12月25日 08:00

オートブログでこんな記事を見つけました。「米では「スカイラインGT-R」の輸入業者が大儲け!? 右ハンドルにまつわるその理由とは

自動車天国と思われるアメリカ西海岸ですが厳格な排気ガス規制がある事でも有名。海外でハイパワーで安価な日本車に乗るのは、それなりに条件があるんです。しかし、「展示用」かつ「生産されてから21年以上経つ『歴史的または技術的に価値のある車』」という条件に目を付け、スカイラインGT-Rをこの条件に見合う車として輸入したって人の話が出ています。



私の友人なのですが、アメリカで日本とのクルマの輸出・輸入のバイトをしていた男がいます。様々なオーダーで様々なクルマを扱ったそうですが、面白かったのが一時期のブームで日本に並行で入って来たテスタロッサキラーと呼ばれたGMCタイフーンやC-1500の454SSなどのハイパワートラックだったそうです。本国では今だに高値で取引されているので、ブームの去った日本で仕入れた方が儲かるし程度もいいと。

GMC Syclone
Photo by DaveCub29

その他にも三菱のパジェロやトヨタのランクルなどのSUVはロシアをはじめ道路事情の良くない国へ送られています。ここでは人気がないけど、それなら人気のある所で売ろう。この人気がなくなって安くなったお買い得車って必要な人にとっては渡りに船だったわけですね。

Alfa Romeo

この恩恵には私達も預かっています。例えばクラシックカーを持っているけど、生活の足を担うのはちょい古の外国車とかね。さくらモーニングクルーズにも最近はAlfa Romeoが結構多いですね。その他、私の知っている限りではFAIRLADY ZだったりPeugeot 406クーペだったりPORSCHEのボクスターだったり・・・私のAudi TTもそうでうね。昔、憧れでちょっとがんばらないと手の届きにくかったクルマをつまみ食いできるようになってきています。

NISSAN SKYLINE GT-R

こんな事は今にはじまった事ではなくて昔からある話。さくらモーニングクルーズにいらっしゃるGT-Rオーナーも「手に入れたときが底値だったんじゃないかな?」とおしゃってました。後々高くなりそうだから・・・とかじゃなく、純粋に憧れのクルマを自分のタイミングで手に入れたらそうなった・・そんな感じだと思います。

クルマを自分の元へ迎え入れるには様々なドラマがありますよね。でもそのタイミングを何度も見過ごしていると、いつのまにか海外にどんどん持ってかれちゃうかもしれませんよ。このblogを読まれているって事はマヤ暦の終末論はなかった事になっているんでしょう。今が決断の時。手に入れて、そしてさくらモーニングクルーズへどーぞ!

48baner.gif

あ、一応言っておきます。メリークリスマス(笑)

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/596-07f78756
    この記事へのトラックバック