TOKYO AUTO SALON 2013 1 

2013年01月15日 11:50

昨年に続いて東京オートサロンに行ってきました。日頃このブログを読んで頂いている方にはちょっと縁のないイベントかもしれませんね。しかし、国内のクルマのショーとしてはモーターショーと並ぶ最大級のイベントである事は間違いないでしょう。それだけに各ブースの力も入っていて見所は豊富なんですよ。

DSC_0368

DSC_0366  DSC_0367

昨年もホンダのブースは来場者へ何を見せるか?そんな事を考えた工夫が随所にあって楽しかったのですが、今年はこんな開発風景の一端が感じられるようなクレイモデルを展示していました。実際にシェイプするデモンストレーションもあったみたいですね。

DSC_0352

いろいろなバージョンのN-ONEが展示されていましたが、この無骨なオーバーフェンダーの付いたレース仕様がいいな。チンクとバトルしているところが見てみたい。

DSC_0364

バモスのトラック仕様も遊びの道具感があって良かったな。トヨタのBbでもこんなのあったし、新しい事ではないけど、やっぱり2人乗りで割り切らないと雰囲気でませんね。荷台が小さいとカッコ悪い。
まぁ、軽トラックベースなんですが、バモスの雰囲気を取り入れてビジネスの匂いを上手く消しているんじゃないでしょうか。トラックのカスタムだと一部で日野自動車のデュトロが話題になっていましたね。

DSC_0357

あと、ミラノショーで発表されたGOLDWING F6Bもカッコ良かった。世界的に注目されているバガースタイルに乗っ取った雰囲気で若い人でも欲しいと思えるバイクになったんじゃないかな?

DSC_0438

個人的に一番楽しみにしていたのは日産のデルタウィング。どこから見てもカッコ良かったー。後ろから見るとその無骨さが際立ってたまりません。もっと洗練されたらまた違った雰囲気になるんだろうな。今後、この実験がどうなるのか楽しみです。走っている姿も見てみたい。

DSC_0456  DSC_0464

アクセントカラーにオレンジを配したJUKEとNOTEも。ヨンパチブログでも提唱しているちょっとイメチェンのお手本になるんじゃないかな。

DSC_0510

マツダではスカイアクティブクリーンディーゼル搭載のル・マンカーコンセプト「Mazda LMP2 SKYACTIV-D Racing」に心躍りました。コンセプトだけでは終わらないように期待しましょう。

DSC_0298

スズキでは出たばかりのワゴンRを全面的にフィーチャー。前からターボ仕様を選ぶとスティングレイになってしまう事に疑問を感じていましたが、こっちだったらまだ許せるのにな。

DSC_0293

スバルは・・・あまりちゃんと見てなかったな(汗)どこがトヨタだったのか、ガズーレーシングだったのか・・・とにかく86のオンパレードで見飽きてしまいスルーしていたのも大きいかも。とにかく86/BRZは凄い台数が展示されていましたよ。86/BRZは改めて特集しましょうか。

DSC_0320

トヨタ系ブースにはマークXやアクアなんかも並んでいましたよ。クラウンの稲妻グリルよりもマークXの稲妻ヘッドライトの方が先輩。

DSC_0267

レクサスにはこんなハードなカスタムが。オートサロンだったらこれくらいやらないとダメなのか!?スタッズ付きのボンネットは良い子のみんなは真似しないで下さいね(笑)

DSC_0384

数少ないコンパニオン画像を最後にとりあえず今日はここまで。しかし、今回はコンパニオンなのかレースクィーンなのか地下アイドルなのか・・・よくわかりませんが多かったな。撮影したいクルマにコンパニオンが立ってるとそれ目当てのカメラマンが殺到して参りますわ(苦笑)


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/606-c570cb64
    この記事へのトラックバック