2013モーターサイクルショー 5

2013年03月29日 08:00

そろそろモーターサイクルショーに付いておわりにしましょうか。今まで挙げた以外に私が気になったものを紹介します。

kamui_ogk.jpg

今使っているヘルメットはとっくに賞味期限が切れているので(調べたら2005年に買ったみたい・・・)新しいのを物色していますが、一番気になっているのはバイザー付きのヘルメット。外国メーカーでは一般的でしたがやっと日本メーカーもラインナップしてきました。フルフェイスではOGK kabutoだけでしたが、SHOEIはこのショー直前にリリースした事もあり、ブースでは試着や質問が飛び交っていました。

OGK kabutoではカットモデルが展示してありました。バイザー格納スペースは内部の緩衝材が大幅に削られているように見えます。安全性的にはどうなんでしょうか?そこ聞くの忘れちゃったな・・・。

ogk_kabuto2.jpg

SHOEIのバイザー格納部分は衝撃吸収材の厚みを変えずに、シェルの僅かなオフセットでスペースを確保している事が書いてあります。帽体が大きくなってしまいますが、ショウエイはそちらを選んだって事ですね。OGKのこのカットモデルはバイザーを確認しやすいように発泡スチロール取り除いているって可能性もあるのですが、ちょっと気になりますね。「帽体を小さく軽量に仕上げました」と言っていた事もあるので・・・。

ちなみにアライのサイトでJIS、SNELLのテストラインについて説明があります。これによるとバイザーの格納部分は安全基準規格テストには関係なさそうですが、アライのサイトにはこう書いてあります。

--しかし、実際の事故では、テスト範囲以外に衝撃を受けることが考えられ、その時に衝撃を吸収しなければならない、テスト範囲より下の部分がどう作られているかは、規格だけでは見えにくい、メーカーの良心に関わる部分です。



SHOEI XR-1100 CAVALLINO

ヘルメット安全性と言うと衝撃を受けた時にどれだけ人間の頭を守ってくれる事に注目しがち。それらパッシブセーフティだけでなく、軽量だったり風切り音が少なかったり、ベンチレーションの性能もこのバイザーもライダーの負担を軽減する仕様も安全性向上につながります。これらはアクティブセーフティーになるのかな。

アライヘルメットではこんな風にテストの状況をWebで説明しています。風洞テストが手軽にできるようになり空力を意識したフォルムが増えてきました。高速域でのリフト防止効果などがあるようですね。しかし、意味ありげなカクカクしたカタチに効果があるように、アライヘルメットのような丸いフォルムにも意味があるんですね。調べてみるとメーカーの思惑がいろいろ合って面白いな。

例えば「帽体がコンパクト」ってアピールもよくみかけます。確かに同じ構造であれば小さい方が軽いし空気抵抗は少なくなりそうだしルックスも良いかもしれない。でも側頭部からの衝撃に対しては大丈夫なのか?外国製のヘルメットが側面が大きいのには何か意味があるんじゃないかな?とも思うんです。

アライと言えばスネル規格と更に厳しいアライ規格があり安全性には定評がありますが、シャープテストでは側頭部の弱さが指摘されたりもするんですよね。

Arai Helmet Easy Hayden

なんだか、いろいろ脱線してしまいましたが(苦笑)それら機能を選ぶ事により、もし安全性とのトレードオフがあるならば、それをわかった上で自己責任で選択できるような状況になって欲しいです。正直、情報開示が全く足りていません。値段が高い方が安全だ!なんて事だったら簡単ですけど、そんな単純な問題じゃないでしょ?

agv PROJECT 46

カーボンヘルメットも多くのメーカーが展示していました。メーカーによっては現実的な値段に入ってます。手で持つと驚く程軽くて、ツーリングの時に楽だろうなぁーと思います。ただ、衝撃吸収材の劣化によるメーカー推奨交換サイクルを考えると、衝撃吸収材だけ交換するリペアサービスなんかあったらいいのにな。

SHOEI X-TWELVE DAIJIRO

それと、これはメーカーさんにお話ししたんですけど、購入する時に内装の厚みを選べるようにして欲しいですね。私の場合、帽体はSサイズでチークパッドは標準だと苦しいので少し薄いものを追加購入しています。するとね、標準で入っている内装が無駄になるんですよ。いくらヘルメットの性能が良くてもサイズの合わないヘルメットは危険な訳で、このサービスをはじめたら誠意あるメーカーだと思いますよ。

※ちなみにSHOEIは一部ではじめているそうです。BELLでも実績があります。

Arai Helmet RX-7 RC

なんだかヘルメットの話に終止しちゃいました。もう一回つづきます。

2013 TOKYO MOTORCYCLE SHOW レポート /////

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/657-b21e4106
    この記事へのトラックバック