フランスの女神

2013年04月12日 14:14

先日のさくらモーニングクルーズでも、その独特のオーラで僕らを楽しませてくれたCITROEN DS。

CITROEN DS

1955年にパリ・サロンでデビューしたDSはその後モデルチェンジを繰り返しながら1975年の20年間販売された20世紀を代表する名車です。先進的で独創的なメカニズム(主にハイドロニューマチック)を備える事によりメンテナンスも大変で、ちょっとした憧れだけで手に入れると大変な思いをするイメージがあります。それが逆にこのクルマのオーラを増し、オーナーへの尊敬をを集める事になるのでしょう。

CITROEN DS

その名車が纏うオーラは、いわゆるマニアだけが感じるような類いではありません。一般の人が見てもただものではない事は伝わるのでしょう。その証拠に様々な映画やドラマの小道具として重宝されています。

CITROEN DS23

映画やドラマの登場人物でDSに乗っているキャラクターってどんなイメージがありますか?概ね、フランスに対するステレロタイプと重なるんじゃないですかね?趣味が良く、おしゃれで知的で、ややエキセントリックな変人でもあり・・・とここまでにしておきましょうか(苦笑)



その優雅でおしゃれな所を抽出したのがこの今井美樹さんのPRIDEのPVじゃないでしょうか?曲自体も売れたので記憶にある方も多いと思いますが、改めて見るとDSの走行シーンなんかがかなり丁寧に描かれています。
きっとこの映像ディレクターはクルマ好きなんでしょうね。歌詞の「いつか私も空を飛べるはず ずっと信じていた 翼があったら飛んで行くのに あなたの胸に 今すぐにでも」とセスナ機とDSの走行シーンが重なります。フェントマやバックトゥーザフューチャー2で空を飛んでいたDSのオマージュなんでしょうね。

血湧き肉踊るカーチェイスも大好きですが、こんな風に優しい時間を感じさせてくれる走行シーンもいいなぁー。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/666-88a7eab3
    この記事へのトラックバック