イロモノ系

2013年04月18日 08:00

カルト映画「デスレース2000」をご存知ですか?
1975年のアメリカ映画なのですが、日本ではあのスタローンがロッキー以前に出演している事でも結構有名だと思います。私も作品としてはそれくらいの知識しかなかったのですが、たまたまCSで放送していたので観てみましたよ。

Guilty Viewing Pleasures: Death Race 2000 (1975)
Photo by ikrichter

舞台は西暦2000年のアメリカ連邦。70年後半の世界大戦で軍事独裁国家みたいになってるのかな?国民への娯楽としてアメリカ横断レースが開催されているようですが、最も速くニューLAに到着するのと同時にロードキルによりポイントが加算されていくってルール。熱狂する観客に反対するレジスタンスも登場し、最終的には暴力についてを考えさせる内容だったりします。

Guilty Viewing Pleasures: Death Race 2000 (1975)
Photo by ikrichter

当時から低予算B級映画として作られているので、突っ込みどころに熱くなってはいけません。ニヤニヤして暖かく見守りましょう。出場台数5台しかいないし・・・いくら低予算って言ってもアクションの編集も撮影もヘタクソすぎてビックリしますよ。黒澤明は偉大だなぁーとか関係ない事考えちゃったりして。

deathrace48.jpg

ビックリドッキリマシンが5台出て来るのですが、小学生が考えたくらいのデティールに度肝を抜かれます。個人的にはウエスタンなジャジャ馬娘のドライブする牛の顔したマンタがツボでした。

Manta Mirage
1980 Manta Mirage

スタローンのドライブするマシンもマンタ・ミラージュがベース。これにベニアとかFRPとかでデコレーションしたんでしょう。

FIAT 850 SPIDER
1966 FIAT 850 SPIDER

その他、FIAT 850や・・・

Volkswagen Karmann Ghia
Volkswagen Karmann Ghia

ドイツ娘はカルマンギアがベースになっているマシンをドライブしていました。

Nova Sterling
Nova Sterling
Photo by SuperCarFreak / Wowtomotives

最後には優勝者が大統領暗殺して自分が大統領になり世直しする展開になるのですが、その時に乗っているのがこのルーフががばっと開く事でお馴染み(サザエさんのエンディングの野菜みたいな)のノヴァ・スターリングが登場です!当時の未来への想像力ってこんなもんだったんでしょうね。

まぁ、本気で観たら怒りたくなると思いますが、バカやりながらも社会風刺している部分もあって面白かったですよ。エロとグロありなので、クルマが面白いからってお子さんとは観られませんのでご注意を。BGMのほんわか電子音とのギャップだとか挙げたらキリがない程、楽しい映画でした。未来設定なので70年代の車がそのまま出て来る事はありませんが、たまにはこんなイロモノカーアクション映画もいかがでしょう?

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/670-d4020064
    この記事へのトラックバック