足尾銅山でクラシックフォードに乗る

2013年05月08日 08:00

GWの最終日にずっと行ってみたかった足尾銅山へ。押し出しの記念碑やサイクリングやカーミーティングで身近になった渡良瀬遊水池の存在などキッカケはいくつかあったのですが、正直に言うとネットで見かけた廃墟の美しさに心を奪われたから。

2005 Audi TT

古河系の管理地になっているので中に入る事はできませんが、ロードサイドに立ち並ぶ製錬所や発電所、変電所に選鉱所の跡地など十分に歴史を感じることができました。私の育った地域からなのか世代なのかはわかりませんが、「足尾銅山=公害事件」といったネガティブなイメージが先行しますが、実際は日本工業の近代史にとって重要な場所なんですよね。その辺について足尾銅山歴史館で館長他、何人ものボランティスタッフの方から説明をして頂いて理解が深まりました。

ASHIO TRAMWAY Ford Petrol Locomotive

その歴史館では足尾銅山で実際に使われていた軌道車の復元作業を進めています。T型フォードをベースに製作されたガソリンカーは実際に乗車することもできるんですよ。

ASHIO TRAMWAY Ford Petrol Locomotive

1928年型フォードエンジンを搭載しています。乗車した後にボンネットを開けてもらい、丁寧に説明して頂きました。この車両の他にも復元を進めている軌道車もあって今後が凄く楽しみです。

ASHIO TRAMWAY

こんなミッション見た事ありますか?無段階変速できるフリクションギアです。現存するのはアメリカにプリマス製があるだけとか。フォード製のストレートシックスは始動したようで、後はクラッチが取り付けば動きそうな感じでした。

ASHIO TRAMWAY

もっと新しいタイプですとディーゼルエンジンのこんなのや・・・

ASHIO TRAMWAY

電気モーターで動く東芝製のこんなのまで・・・足尾銅山と言えば実際に坑道に入って人形が動いている、名称もそのまま足尾銅山観光を思い浮かべる方も多いと思いますが、クラシックカー好きなら歴史館に足を運ぶべきだと思いますよ。

ちなみにフォードのガソリンカーを復元されたのは足尾で自動車修理工場を営む町田氏。この復元がキッカケで母校の千葉工大による1931年A型フォードのレストアの陣頭指揮を行い、神宮で行われるクラシックカーフェスタで見事3位に入賞されたそうですよ。

2005 Audi TT

不勉強な私にとっては驚く事ばかりで充実した時間を過ごせました。これだけの歴史的な資産があるのにも関わらず、それを知らない方もお多いのではないでしょうか?草木ダムで定期的に行われているミーティングに参加した後は、ちょっと足を伸ばして足尾に訪れてみてはいかがでしょうか?

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/679-b4afd45b
    この記事へのトラックバック