オリジナル派!?

2013年06月07日 08:00

48PRODUCTの象徴的存在のクルマ「シボレー・フリートライン」。それなのにヨンパチブログで登場する事が極端に少ないことに気が付きました。なぜでしょう?

ズバリ!調子が良いのと、オリジナルを大事にしているのでネタがないからって事が理由です。

1948 CHEVROLET FLEETLINE

これはオプションのサンバイザーとヘッドライトバイザー、リアフェンダースカートを装着した様子。1948年型はシボレーにおける戦前設計の最終型。いわば集大成的なモデルで、本国でもオリジナルに当時のオプション(リプロ含む)を装着して車高だけ落とすみたいな楽しみ方をしている方が多いと聞きます。

1948 CHEVROLET FLEETMASTER

例えばこのフリートマスター(フリートラインのコンバーチブル)なんかは室内から操作ができるスポットライトにフォグランプ、オーバーライダー付きのバンパーにヨンパチフリートラインと同じようにフェンダースカートとサンバイザーも装着しています。

1948 Chevy Fleetline

更にルーフ付きならエアコンをサイドに取り付ければ完璧ですね。クロームを含むボディーコンディションを整えて、車高を調整すればいわゆる「Bomb Style」 は完成するのです。
ローライダーに愛される車種なので、日本では特にちょっとコワモテのクルマが多いのですが、ヨンパチフリートラインはその絶妙なカラーリングも相まって怖くない!威張らない!愛されるアメリカ車でいたいと思っています。車高くらいは落とした方がカッコイイんですけどね。どうしてもアメリカ車に対する偏見、いやイメージって言った方がいいかな?欧州車や日本車好きな方と付き合う事が多いので特に感じたりする場面が多い事もあり、カウンター的な意味もあるんですよ。

1948 CHEVROLET FLEETLINE

エンジンはストレートシックスですからV8のドロドロとした音はしません。一度あるイベントの駐車場で「えっ!?電気自動車!?」って言われた程静かなエンジンは当時ミシンエンジンと呼ばれたそうです。

1948 CHEVROLET FLEETLINE

そんな事もあってか、欧州車が中心の集まりでもそれほど違和感なく納まっている・・・と思っています。

1948 CHEVROLET FLEETLINE

現在のヨンパチフリートラインはグリーンの部分だけ再塗装をして、バイザーやフェンダースカートも取り外し、よりオリジナル状態にしてあります。

1942 Chevrolet Aero Sedan Race Car 4
Photo by Jack Snell

まぁ、ネットでこんな画像を見つけるとオリジナル派なんて言いながらもドキドキしちゃったりするんですけどね(笑)実際にこれを見たのがキッカケでフェンダースカートもバイザーも外しちゃいましたから。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/700-cca4a6fa
    この記事へのトラックバック