H・C・Pって何だ?

2013年07月16日 08:00

全国に先駆けて埼玉県警が警官用の自転車にクロスバイクを採用したそうです。「ハイパー・サイクル・ポリス」(H・C・P)と名付けられて試験運用との事ですが、どんどん広まって行く事を期待します。

海外ではすでに一般的なスタイル
Police Bicycle Squad
Photo by Takver

更に「デザイン性の高いヘルメットを着用」(本文より抜粋)しているとの事です。ヘルメットに関してはしまなみ海道を軸にサイクリング天国を目指す愛媛県では大人のヘルメット着用も条例で定めた事もありましたね。やっと昨今の交通環境と問題に合致する方向に行政も重い腰を上げた感じでしょうか。

gekitotsu.jpg

前にも自転車道について書きましたね。「最近自転車乗りのマナーが・・・」とか「暴走自転車が・・・」とか「ノーブレーキの自転車が・・・」など問題が顕在化していますが、取り締まる方だったり、道路を造る方がわかってないんだから、良い方向に行く訳がないんだと思うんです。だって、最近できた自転車道がこの有様ですよ。正面衝突誘発道路としか思えません。

policebicycle.jpg

そもそもこんな感じで自転車に乗っていたら、どんな問題があるかなんかわかる訳がないでしょう。「ハイパー・サイクル・ポリス」(H・C・P)は「最速40キロ程度のクロスバイクの高速性や、小回りの効く機動力を生かし、街中の犯罪抑止などを図る。」(本文より抜粋)との事ですが、それと同時に現場で起きている矛盾を肌で感じて欲しいと思います。

Tone river Cycling Road

でも、これが我が街埼玉でスタートしたのは嬉しいです。自転車で埼玉を盛り上げようと様々な運動をしている中で、まさかこの方向からも全国にアピールする試みが生まれるとは。今後の活動に期待しています。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/726-c73c1bdd
    この記事へのトラックバック