新作Tシャツの紹介13 100th カワサキコーヒーブレークミーティング記念Tシャツ

2013年07月26日 08:00

日曜日に48PRODUCTが参加予定のイベント「カワサキコーヒーブレイクミーティング in 淡路」(2013/7/28)については昨日もご紹介させていただきました。

100回目のお祝いに
カワサキのTシャツ追加情報など
カワサキコーヒーブレイクミーティング(in 淡路)に参加します!

そこで限定の記念Tシャツを発売する事をお知らせしておりました。遂にデザインを公開します!

BEYOND THE GENERATION
kcbm48T.jpg
100th ANNIVERSARY KAWASAKI COFFE BRAKE MEETING

じゃぁーん!「BEYOND THE GENERATION」と名付けられた記念Tシャツ。往年の名車と現代のマシンが並び、ZとNinjaの系譜を感じさせるデザインとなっています。同時に幅広い世代からコアな支持を集めるカワサキは、ファンの世代もマシンの世代も越えて愛されるオートバイメーカーですよね。

KAWASAKI Z1  KAWASAKI Z800

KAWASAKI GPZ900 Ninja  KAWASAKI Ninja1000 ABS

Tシャツのボディーは48PRODUCTのTシャツとしては初のドライ素材を採用。風合い優先で今まではコットンTシャツにこだわっていましたが、今回は高温多湿の真夏にライディングウェアのインナーとして着る事を想定しています。色は黒のみです。

黒とバックプリント
古いオートバイ乗りにとって、オートバイ用のジャケットは黒でバックプリントってのが定番です。理由はわかりますか?色については、オイル汚れが目立たないため。これはオイル漏れが当たり前だった旧車や2ストロークバイク全盛期へのオマージュ。現在進行形で本当にオイルまき散らしていたら問題ですからね(苦笑)
更にフロントではなくバックプリントを重視するのは、乗車姿勢において周囲にアピールできるのは背中だからです。漢は背中で語るのです。
しかし、現在はライダーの安全意識も高まり、Tシャツ一枚で長距離乗る人は少なくなりました。暑い季節でもセーフティパッドの入ったライディングジャケットや革ジャンを着ている方が多くいらっしゃいます。そのジャケットのインナーに着る事を想定し、オートバイを降りてジャケットのファスナーを下ろした時にチラリと見えるようにフロントプリントにしたわけです。

サイズはS〜XLまで。サイズによっては用意している枚数が少ないのでご注意下さい。限定数なので気に入った方はまず最初に48PRODUCTのブースまでお越し下さい。東京から淡路島までTシャツを持って行きます。できれば帰りは身軽になりたいので是非是非お買い求め下さい・・・いや、ホントに・・・よろしくお願いします!

あ、肝心のお値段を言ってませんでしたね。なんと、このためにYamaさんが書き下ろしたデザインの限定Tシャツが2,000円です!赤字で書いたって事は・・・言わなくてもわかりますね(苦笑)この日の記念に、来れなかった仲間へのお土産に・・・などなど。重ね重ね、どうぞよろしくお願いします。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/732-d2f66548
    この記事へのトラックバック