手の出しようもない完璧さ

2013年09月10日 08:00

高校を卒業して自動車免許には目もくれずにオートバイの免許を取得した頃。私はKAWASAKI Z400GPでもうひとりの友人がZ400FX、そしてもうひとりがHONDA CB400Fourを買いました。398ccのヨンフォアは高かったので408ccの方でしたけど。(細かいツッコミはなしで)

HONDA CB400Four

何でもカスタムしたくなる年頃でしたが、このヨンフォアのマフラーだけはどうして手を出せなかった。だって、これ以上カッコイイヨンフォア用のマフラーなんか世の中に存在しないから。目標が音を大きくしたいとか、排気効率を上げたいとかだったらいくらでも替えはあるんでしょうけど、僕らはとにかくカッコイイオートバイに乗りたかったから。若い頃の考えなんて今振り返ると間違っていたり恥ずかしいことばかりだけど、この判断は今でも正しかったと思います。

HONDA CB400Four

タンクだってキレイだよなぁー。このままセパハンにしてシングルシートにしたら立派なカフェレーサーの出来上がり。控えめなエンジン性能は別としてね。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/758-43f7e9e7
    この記事へのトラックバック