18thSCCFプログラム完成

2013年11月07日 08:00

今週末に控えた幸手クラシックカーフェスティバルのプログラムが届きました。今年もプログラムの表紙と裏表紙、参加特典のマグネットのデザインは48PRODUCTの運営母体である株式会社クルーで行ないました。デザインはYamaさんで撮影はJr、オーナーインタビューとインサイドストーリーの執筆は48の父で。

18sccf01.jpg

今回の主役はフォードソン・トラック。幸手クラフェスらしい渋いチョイスだと思います。オーナーは私達が絶対的な信頼をしている師匠長谷川さんです。幸手クラフェスの古いファンならチキバン号を走らせる姿をご存知の方も多いはず。

このフォードソンもいいエンジン音を奏でていました。やれた外装ですが、中身は整備が行き届いている事はすぐにわかります。海外から輸入した後に、エンジンをオーバーホールしているそうで、ピストンは○○で、圧縮費を・・・とさらりと教えてくれます。すごいなぁー。

18sccf02.jpg

フォードの「息子」英国の矜持
インサイドストーリは裏表紙に書いてあります。長谷川さんのこのクルマに対する想いが伝わってくると思います。

18sccf03.jpg

このプログラムは幸手クラシックカーにエントリされた方に配布されるものですが、会場でも購入する事が可能です。詳しくは11月10日のクラシックカーフェスティバル当日に本部にて。よろしくお願いします。

幸手クラシックカーフェスティバルFacebookページ

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/793-aabdf638
    この記事へのトラックバック