TOKYO MOTOR SHOW 2013 レポート「三菱・スバル・マツダ」

2013年12月10日 08:00

三菱行きましょか。前回はタイ生産のミラージュプラグインハイブリッドのアウトランダーコンセプトくらいしかなかった三菱ですが、今回はコンセプトカーが3台とレースカーも2台展示してあってちょっと元気が出て来たのかな?と感じさせてくれました。

MITSUBISHI Concept GC-PHEV
MITSUBISHI Concept GC-PHEV

これは次期パジェロのコンセプトなんでしょうね。こちらもエッジを立てたEvoque風の顔でホントに流行ってますね。この顔が。90年代はあれだけみんなパジェロに乗っていたのに、日本ではホントに見なくなりました。まぁ、ランクルにしてもそうですが。アラブの方で受ける感じならいいんでしょうね。

MITSUBISHI Concept XR3-PHEV  MITSUBISHI Concept AR

日本だとこのくらいのクロスオーバーがいいんでしょうね。アウトランダーとRVRのコンセプトって感じなのかな。まぁ、ハイブリッドで4輪駆動が・・・とかいろいろ技術的な部分はあるんでしょううね。

MITSUBISHI MiEV Evolution II
MITSUBISHI MiEV Evolution II

パイクスピークのMiEV Evo IIはカッコイイなぁー。元々このレースが好きだからってのもあるのですが、ちょっと盛り上がりました。基本的には電動モーターとクロスオーバー含むパジェロのようなオフローダー専門メーカーみたいな雰囲気で押してくれているようで良かったです。まぁ、それ以外見てないだけなのかもしれませんけど・・・。

次はスバル。とにかく、ブースはこの新型ツーリングワゴン「LEVORG」推し。レガシーが北米向けに大きくなり過ぎたので日本向けに小さいの作ったよって事でいいんですかね?こっちは見た目じゃなくて名前がEvoqueっぽい。

SUBARU LEVORG
SUBARU LEVORG

安易に名前をコロコロ変えてしまうのに否定的なスタンスなので、これもどうなの?って所はありますが、写真は撮影しやすくて楽しかったです(そこですか・・・)。

SUBARU LEVORG

こんな油圧神輿でワッショイワッショイされていましたよ。ベンツっぽい力強い顔でカッコイイしパッケージンも良さそうだし、ダウンサイジング直噴ターボ、アイサイト、アイドリングストップなんかも装備してあって売れるだろうな。家にあったら便利だろうなと思われます。個人的にも趣味の自転車の為に新車を選ぶとしたらLEVORGっていいだろうと思いました。

SUBARU CROSS SPORT CONCEPT
SUBARU CROSS SPORT CONCEPT

BRZ(86)顔のクロスオーバーコンセプトなんかもありました。クロスツアラーとかそんな名前で毎回コンセプトカーを出展している所は一貫していて信頼できます。

SUBARU VIZIV EVOLUTION CONCEPT
SUBARU VIZIV EVOLUTION CONCEPT

一気にマツダも。恐らくぜーんぶボディーカラーが統一されている所がキレイでした。ソウルレッドって名前らしいです。

MAZDA ATENZA

でもコンセプトカーとかレースカーもなかったので寂しさは否めません。これならショールームで見ますよね。限りある時間で他のメーカーも気になるし。

はぁー、やっと国内乗用車メーカーは終わったかな。まだつづきます。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/819-970a4d7f
    この記事へのトラックバック