TOKYO MOTOR SHOW 2013 レポート「オートバイなど」

2013年12月13日 08:00

ホンダとスズキについては個別に取り上げたので、今回はヤマハとカワサキについて。

YAMAHA VOLT Cafe'
YAMAHA VOLT Cafe'

モーターサイクルショーで発表されて個人的にも興味を持って見ていたVOLTがカフェスタイルにカスタムされて登場です。ゼッケンプレートを使って電装関係を隠すのは'00年代はじめには確立したストリートカスタム的手法。そのベースとなったのがYAMAHA SR400でそのユーザーが大型免許を取得するとHarley‐Davidsonのスポーツスターを購入する確立が高い(個人的実感)事を考えると、カフェスタイルを最初から用意しておけよって思いますね。タンクがもっと小さければカッコイイと思います。

YAMAHA MT-07
YAMAHA MT-07

それよりも私はこっちが。TRX850乗りとしては270°クランクのパラツインミドルバイクはやっぱり気になる訳です。マルチエンジンよりも人間の鼓動や二本足で走る事と感覚的に近いシングルやツインのオートバイが好きなんですよね。

YAMAHA MT-07

ホイールベースは1400mmでビューエルのX1と同じくらい短い。乾燥重量はなんと164kgですよ。軽い!エンジン出力はおとなしめですが、十分に楽しめるオートバイな気がします。ちょっと見た目がうるさいので、クラシックな外装にしたらいいだろうな。クラッチカバーの形状なんてイライラするわ(笑)

YAMAHA MT-09
YAMAHA MT-09

エンジン的には先に発表されていたクロスプレーンコンセプト3気筒のMT-09の方も興味がありますが、スタイルは07の方がまだマシかな。すいませんね、古いのが好きなもんで、丸パイプのトラスフレームがあると安心するんです(笑)

YAMAHA TRICITY Concept
YAMAHA TRICITY Concept

ヤマハはこっちも注目度が高かった。MP3みたいな前2輪の3輪スクーターです。125ccで40万程度って事が聞こえて来てます。いいですね、とりあえずコンパクトでいい。日本のスクーターはなんか偉そうで大きくて。エンジンはパワフルで車体はコンパクトな雰囲気のあるスクーターがないんですよね。日本には。



ベタって言葉で片付けられないくらいベタなPVですが。これを見るとこの3輪スクーターの必要性がわかってくるでしょう。同じ車体で200cc(高速道路に乗れる)になったら買いかな。

YAMAHA PES1
YAMAHA PES1

電動のスポーツバイクも気になりました。タンク部分やシートカウルなんかのデザインがお気に入り。
振動のない電動バイクなんてピンとこなかったりしたのですが、エンジンのラジコンは面倒だったけど、電動ラジコンは楽しめた事もあったりして、固定観念に縛られなければ、それなりの楽しみ方があるんですよね。一緒にオフロードバージョンもあったのですが、森の中を静かなモーター音だけで走れば木々のざわめきや水のせせらぎも聞こえるかもしれません。オートバイツーリングと自転車での旅の違いを感じられるのかな。

同じ理由で小型アシストシステムを搭載したスポーツタイプ電動アシスト自転車も非常に興味深いです。体力の差がある仲間と一緒に自転車の旅ができたりと、いろいろ使い道があるだろうな。

KAWASAKI J
KAWASAKI J

カワサキにはもっと尖った電動バイクがありました。それがこの「J」です。バットマンもオートバイのようなスタイルでモードによって乗車スタイルが変化するようです。

KAWASAKI J

迫力があって面白かったです。せっかくのモーターショーなんだからこれくらい魅せてくれないと。いいぞカワサキ!

KTM R125
KTM R125

カワサキを中心に小排気量のスポーツバイクブームが起きていますが、私はKTMが一番好みです。わかりやすい配色の勝利もあるのかな。兄貴譲りの雰囲気がよく出ていますし。

今回はHarley‐DavidsonやTriumphにDUCATIも出展していなかったのでオートバイ的にはちょっと寂しかったかな?でも出展しているメーカーはちゃんとコンセプトを打ち出していたりして楽しめました。まぁ、モーターサイクルショーもある訳で、出展していなかったメーカーはそちらに期待しましょう。

DAIHATSU FC 凸 DECK

最後すごーく長くなっちゃいました。これで2013年のモーターショーレポートを終わりにします。さよーならー。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/823-c8e0f3b7
    この記事へのトラックバック