RUSH

2014年02月04日 08:00

48PRODUCT Facebookページでも度々話題になっていた「RUSH/プライドと友情」が今週末上映開始されます。



たまたま別の映画を観に行ったら、なんと先行上映をやっておりまして、早速チケットを購入してレイトショーで観てきましたよ。

rushmovie.jpg

1976年のシーズンを背景にふたりの天才ドライバー、ジェームス・ハントとニキ・ラウダの戦いを描いています。物語は2人が出会ったイギリスのF3レースからはじまり、豪雨の富士スピードウェイでひとつの結末を迎えます。ちょっと詳しい人ならどんなストーリーなのかはわかっていますよね?あえてここでは書きませんが、その真実の物語がどんな風に描かれているか楽しみに鑑賞して下さい。

正直、日本で付けられた副題「プライドと友情」ってのが物語を安易にまとめてしまっていてもったいないなぁーと思うのですが・・・

Hesketh 308B Ford Cosworth F1

Photo by Anthony Fosh

好きな人なら誰もが知る真実をベースにしているので大きな驚きはないと思います。描き方もハリウッド的にカタルシスがおきるような描き方でもないので普通にGood Storyなのです。(それが悪いって訳ではないですよ)しかし、クルマの描き方は誰もが興奮できる臨場感に溢れたものになっていますよ。

1976 Ferrari 312T

Photo by Lutz Koch

撮影は過去の映像にCGを加え、更に実際にサーキットを走りながら撮影したものを見事な編集で織り交ぜています。クラシックフォーミュラーを所有するオーナーにマシンを借りて、時代背景に合わせたモデファイを施し、当時のレーサーが実際にドライブしているらしいですからね。日本からもClassic Team Lotus Japan 代表の久保田さんがマーチ761/6で撮影に参加されたそうです

ヘルメットの中からバイザー越しに見る雨のサーキットたマシンのあらゆる部分に取付けられたカメラのおかげで限界走行するフォーミュラーカーの神経質な挙動が手に取るようにわかってゾクゾクします。特に最初のF3シーンは最高でした。

1971 Lancia 2000 Berlina

Photo by Willem S Knol

サーキット映像がメインなのですが、ニキ・ラウダがランチアを駆ってイタリアの田舎道をドライブするシーンもあってこちらも良かったです。

Austin Mini Cooper S


もちろんハントの愛車ミニクーパーも出てきます。皆さんがヘルメット(耐熱マスク?)かぶった熊のステッカーを貼っている意味がやっとわかりました(苦笑)

Hesketh 308C nice racing bear badge

Photo by Toni

クルマ好きなら必ず映画館で観るべき映画だと思います。もう義務だと言っても過言ではないでしょう。興行収入、観客動員が振るわなかったら、今後このような映画はDVDスルーになってしまいますからね。最近は若者の洋画離れなんて新しい若者の○○シリーズが追加されているようです。皆の力でクルマ離れも洋画離れも食い止めようじゃありませんか!(笑)

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/852-590bab90
    この記事へのトラックバック