California Dreamin'

2014年02月14日 08:00

4輪の自動車免許取得可能になって、漠然と最初に欲しいと思ったクルマがサニーカリフォルニア。焼けた黄色のボディーと木目ステッカーのチープさがステキに写りました。整備専門学校だったので周りはゼロヨンとか峠で遊ぶのに最適なスポーツカー好きばかりで話が合わなかったなぁー(苦笑)

sunnycal.jpg

しかし、このカリフォルニアって何なんでしょうね。サニーがワゴンになっただけでカリフォルニア。ステーションワゴンって日本では貨物車にしか見られなくて、それを払拭するようにステーションワゴン文化のある欧米のイメージを投影させたかったのでしょうか?

Ferrari California

Photo by Jeff

車名に地名が入るってのは、地名をから連想させる何かをクルマにも感じ取って欲しいってメッセージなんでしょうね。ただ、カリフォルニアって言われると、ステーションワゴンより、燦々と降り注ぐ太陽の下、オープンカーで走るイメージの方がしっくりきます。2ドア4シーターのラグジュアリーなオープンGTカーみたいな。フェラーリのカリフォルニアはそれにピッタリですね。

2009- Ferrari 458 Italia


フェラーリだと他に458イタリアなんてのもあって、そちらは自国の名前をわざわざ付ける訳ですからイタリアのアイデンティティーがぎゅっと詰まっている感じがして、大陸的なカリフォルニアとのイメージの差別化を伺い知れます。モデナとイタリアのイメージ、ニュアンスの違いなんてのはあるんですかね?

1969 Ferrari 365GTB 4 Daytona Prototipo

Photo by Rex Gray

LEXUS LFA Nürburgring Package


地名の他にも、もっと直感的に訴えるのはサーキットやレースの名前を冠したモデルでしょうか?デイトナやニュルはよく登場しますね。

Renault Megane Sport F1

Photo by Darren Chang

F1に参戦するチームの名前を冠したスペシャルエディションなんかもわかりやすいイメージ戦略かな。クロカン四駆なのにハンドリング・バイ・ロータスなんて書かれちゃうと違和感を感じつつもグッときますよね。

フェラーリについては割と直感的でそのままなのですが(La Ferrariはその究極か?)、意地悪な見方をすると名前でクルマに下駄を履かせるって作戦ですよね?下駄に使われるって事は誰にでもわかりやすい憧れの対象である必要があるって事かな。そう考えると日本メーカーが海外に売る時に「TOKYO」や「AKIBA」、「SUZUKA」って名前を付けたらブランド力があがるんでしょうか?

HONDA S660


新型のNSXはアメリカ生産なのでそれは叶いそうにありませんが、量産車の開発が進んでいるS660(時期ビート)にはS660 SUZUKAS660 TOKYOがあってもいい気がするのですが、どうですかね?そんな下駄はいらないか(笑)

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/858-f9691b67
    この記事へのトラックバック