クラシックカーと軽自動車の増税

2014年03月07日 08:00

48HQストリートにも春の足音が聞こえてきました。



この時期になると年度末の駆け込みでクルマを買い替える人多いのかな?新車ディーラーもこの時期にがんばって値引きをしてくれるので非常にお得ですよね。

01-lamborghini-huracan-geneva-1-1.jpg

今年は消費税値上げ前って事もあり、需要の前倒しもあるとか。ただ、人気のエコカーは納車が間に合わなくて消費税率アップ後になるそうです。ランボルギーニくらいのクルマだったら消費税のアップ分3パーセントもバカにならないよな(苦笑)

140304-ar-4c-spider-05-1.jpg

そんなタイミングだけに悩ましい所ですが、なんでもいいなら即納リストの中からさっさと選んで購入するのが特なんでしょうね。

p1j07641l-1.jpg

まぁ、ココを見てくれている方でそんな風にクルマを買える人は少数だと思いますけど。増税需要が一段落したら、どうせそれに変わる需要喚起の策が講じられるので慌てる必要もないとは思いますが・・・きっと、それは私達が大事にしている古いクルマに逆風になる訳で(軽自動車と旧車が増税となる「平成26年度税制改正大綱」発表!)・・・なんだか良いニュースがないですね・・・。



まずは国産旧車からでも近代産業遺産みたいな感じで認定精度を作って減税とか、優遇措置をしてくれないと本当になくなっちゃいますよ。特に80年代以降のクルマなどは個別の価値が定まっていない事もありますし。ドイツだとかイギリスを見習って、それなりのハードルを課し産業遺産を個人に委ねているって観点で考えられない物か。この辺の事って誰かロビーしてないのかな。うーむ。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/872-b63bb5cc
    この記事へのトラックバック