ケータハムかケーターハムか

2014年03月13日 08:00

ここ最近話題のCATERHAM SEVENにまつわる話。このブログではアルファベット表示の他に「ケーターハム」とか「ケータハム」など3種類の表記が出てくると思います。これについては、確信犯的に混ぜて書いておりまして、理由は様々なワードのインターネット検索にヒットするようにしている訳なんですよ。しかし、実際どっちが本流なのか?



ケーターハム派
syakensyou.jpg

ケーターハム派の根拠としては、まず車検証。車名にしっかりと「ケーターハム」と記載されています。手元にある昔の雑誌やムック本にもやはり「ケーターハム」と書いてありますね。当時からセブンの代理店である紀和商会さんの広告にも「ケーターハム」と書いてあります。紀和商会さんは今でも「ケーターハム」とWeb Siteに書いてありますね。

ケータハム派
ケータハム・ジャパンが「ケータハム」って言うので最近はこっちが主流なのでしょうか?Googleの検索数でもケータハムが約 1,280,000 件 とケーターハムを20,000 件上回っています。
しかし、最近の車検証はどっちの表記なんでしょうね。誰か教えて下さい。

実際の現場では?


圧倒的に「ケータハム」の方に軍配。思い返してみると「ケータ」って呼んでいる人が多いかな?論争を避ける為の呼称だったりしたら凄いな(笑)

私の場合は、そもそもそのセブンがロータスなのかバーキンなのかCATERHAMなのかもままならないのでセブンって呼びますが(苦笑)でもやっぱり「ケータハム」かな。世間に迎合して。ですからBMWをいまだにベンベーって呼んでる人は尊敬します。

そんな訳で・・・CATERHAM SEVEN 160を購入する方へ。
CATERHAM は「ケータハム」でオッケーです!
実際はそれだけじゃ済まなくて「ケント」とか「ボクゾール」とか言わないと伝わらないので「スズキの」とか「軽の」とかって枕詞が必要になると思いますけど。

さくらモーニングクルーズでSeven 160に出会えるのはいつになるかな?

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

カタカナ表記に合ってるか否かは、英語自体が国によって発音が違うので難しいですよね。英語以外の言葉の場合は英語圏の人が何て発音するかって話にもなるし複雑です。クルマを題材にしましたがスポーツ選手の名前も戸惑いますよね。

ユーゴスラビア代表のサッカー選手として馴染み深かったスーケル選手。日本と戦う事になったフランスW杯ではシュケルになって気持ちが悪かったな。自転車選手のカンチャラーラもNHKが放送を担当するとカンセララになったりね。現地の発音に合わせるのか?英語圏の発音に合わせるのか?って所のガイドラインがマスコミ各社でも見解が違うんでしょう。

まぁ、正解はどれだ?みたいな論争自体が不毛な話なんだよって事が言いたかった訳です。くだらない話にお付き合いありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/876-528a208c
    この記事へのトラックバック