撮影テーマ

2014年03月27日 08:00

スマホのカメラが高機能化したおかげでコンデジを持ち歩く習慣ってなくなりましたね。



おかげでこんなシャッターチャンスを逃す事もなくなった訳です。しかし、どれだけ機材的な問題が解決しても撮影するのは人間。これを撮っておかないとって意識をしないとダメな訳で。



そこで意識しているのは当たり前に走っている車を撮影する事。そのクルマもいつかはネオクラシック(ヤングクラシック)になり、クラシックになるのです。もうすでに価値のあるクルマや有名な観光地やスポーツシーンなんかはプロが撮影してくれているからいいんですけどね。



あれだけよく見てたのに、見過ごしているうちに少なくなったクルマは通勤電車へ乗り遅れそうになりながらもさっと撮影。軽自動車って言えばミニバンスタイルばっかりだったもんな。最近は燃費の問題でトールタイプ一辺倒ではなくなりましたが。



カタログ写真じゃないのだから、周りの風景が移り込んでいる方が時代を感じられて、後で見返す時に面白いんだろうな。このテーマ自体は新しくもなんともなくて、そんな写真集が48HQにもあります。ただクルマが珍しかった時代の古い時代なんですよね。80年代や90年代のってあるのかな?
そんな風にテーマが決まると街を見る眼も変わってきて面白い。これって映画の中のクルマに注目する事と似ていて、大きな目的(どこかへ行く為に街を歩く)の他にサブの目的がある感じかな。クルマの撮影をしているうちにガソリンスタンドやコンビニの二次利用なんかもテーマとして面白いかも!?なんて考えています。

反面、技術的な事にはあまり興味がなくて適当に記録をしているだけなのですが、これもデジタル時代の楽しみ方なのかな?と思っています。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/885-46bbea4a
    この記事へのトラックバック