THELMA & LOUISE

2014年04月02日 08:00

ロードムービの傑作「テルマ&ルイーズ」です。改めて見直しました。もう、このブログネタの為に映画をチョイスするようになっている事は否定できません(苦笑)

いろいろな所で引用される事も多い名作でアメリカでは大ヒットした映画です。一言で言えば90年代女性版アメリカン・ニューシネマ。主人公は30歳を超えた女性ふたり組。高圧的な夫に不満を持つテルマと田舎町でウエイトレスをする独身のルイーズがバカンスに出掛けよう!って話。そこでいかんともしがたい状況で殺人事件を犯してしまい、その逃亡劇を通じてアメリカの根底にある女性差別問題を描いています。女性差別を描くって聞くとヒステリックなフェミニストおばさんを想像してしまうかもしれませんが、この作品はそんな事はありません。魅力的なテルマとルイーズの笑顔とどこまでも広がる渇いた荒野に青い空がそう感じさせるのかな?実際に映画いている内容はハードにしてもね。

1966 Ford Thunderbird
66tbtl.jpg

このロードムービーの主人公はテルマとルイーズである事は間違いありませんが、このサンダーバードも加えて語って頂きたい。灼熱の太陽と埃っぽい大地を走るのには到底向いていないクラシックなコンバーティブル。きっと、この映画を観た後に、このクルマが欲しいと思うはず。
警察に手配された時点で他のクルマに乗り換えればいいのに・・・と思いますが、それじゃやっぱりダメなんです。そこからもこのサンダーバードは主人公のひとりだと感じられます。

Chevrolet Corvette C3


テルマの夫はコルベットに乗っています。仕事と言いながら外では何をしているかわからない。テルマは「あの人だけ外で遊んで私だって・・・」と思っていますが、なかなか実行に移す事はできずに・・・

HONDA CIVIC


その証拠にテルマのシビックはガレージの奥で埃をはぶっています。「あのポンコツ」なんて言われてましたからね。最終的には置き手紙を残してバカンスに出掛け、「あなたは私の父ではなく夫よ」と言い放つのでした。

ラストのあのシーンはについてもいろいろ書きたいけど、観ていない人の為にやめておきます。ただ、単純に壮快だと言い切れない切なさにグッとくるんだ・・・って事だけ書かせてもらいますね。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/889-ed518616
    この記事へのトラックバック