さよならランサー・エボリューション

2014年04月09日 08:00

三菱のランサー・エボリューションがこのモデルを最後に生産を中止にするそうです。まぁ、まだ作ってたのか・・・って所が正直な感想かもしれませんね。X(10)まで続いたランエボもベースのクルマはギャランになったのにエボモデルだけランサーの名前を引き継いで生きながらえておりました。
lanevo2.jpg
このクルマ、個人的には結構身近なモデルでした。私が社会人1年生として入社したのが三菱自動車ディーラーで、ちょうどエボIIが発売された後だったんですよ。入社直後のメカニックには高嶺の花でしたが、世界的に見たら超バーゲンプライスでこんなモンスターを手に入れる事ができるんだから日本のクルマ好きはある意味恵まれているなぁと思いました。周りの同僚は型遅れとなったギャランVR-4に乗りつつ、いつかはエボを買おうとたくさん残業をしていたと記憶しています。

大きなウイングや後から取って付けたようなエアロパーツが好みじゃないので、初代やモデルチェンジした後の4代目なんかが好きでした。ウイングやエンブレムは外しちゃってスリーパーを気取るのも悪くないな・・・なんてね。



好みとは別に思い入れと言ったら、やはりレース体験をした時の5代目ですかね。市販車のGSRについてはAYCだとか電子制御が過剰になってきているので、程度の良いRSがあったら凄く魅力的です。

evogta.jpg

実は、今乗っているAudi TTを購入する時もエボはちょっとだけ候補に挙がりました。もちろん新車ではありません。妻と共有なのでオートマチックが必須条件。となると、この7代目のGT-Aになります。ベースモデルが変わって最初って事で比較的地味な外観も好みでした。

でも、やっぱりベースモデルがランサーセディアって事で安っぽいんですよね。WRCと関係なくなった辺りからBMW M3まではないかなくても、そこを意識させるくらいのハイパースポーツセダンになってくれたらどれだけ良かったか。そんな願いとはウラハラに、ジェットファイターグリルなんて派手なフェイスを引っさげて、私にとっては本当に関係のないモデルになっていきました。



ランエボって、少なくとも関わった事がある6代目までは前のギャランVR-4からずっと続いているモデルな気がして、それは搭載している4G63エンジンのせいもあるんだと思うのですが。タイミングベルトが切れてヘッド交換なんて修理を本当にたくさんやったりとスキルアップの題材になってくれました。いろいろ感慨深いです。



そんなわけで、機会があったら、一度所有してもいいかな・・・とどっかで思っているクルマなんですよ。似合うとは思えないけど(苦笑)一目見て好きになっちゃったってクルマではなくて、いろいろ想い出があって無視できないクルマって感じかな。インプレッサには感じない想いがそこにはあるんです。そんなクルマってありますよね?


Photo by Ben Harrington

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/894-19fc7453
    この記事へのトラックバック