2014 Street Car Nationals 5

2014年04月18日 10:58

Street Car Nationals(以下SCN)でクルマは正直あまり見ないけどお店を覗くのは大好きって人も結構多いんですね。私はクルマもお店も楽しみですけど。

Fireking

毎年同じお店でファイヤーキングのマグカップをペアで購入しています。値段はピンキリですが1000〜1500円くらいで買えるものもたくさんあるんですよ。しかし、今年はついにターコイズに手を出してしまいました。1956〜1958年の3年間しか作られなかった他のに比べたら数が少ないタイプでちょっぴり貴重なものです。CHEVROLETで言えばトライシェビーと1年違いで重なる年代ですね。



目を引いたのがこのランニングバイクのカスタム。ベースは小さくても手の入れ方は本気です。ぶら下がるプライスタグもそれを物語ってますよね。歩行器からのステップアップとして注目されているランニングバイク。これに乗るとバランス感覚が養われて三輪車も補助輪もすっ飛ばして自転車に乗れるようになれます。



しかし、これに乗るのって2年間くらいかな?そこからはガレージの片隅に追いやられてしまうんですよね。リサイクルショップに出しちゃうのは簡単ですけど、子供の頃の自転車が大事に取ってあったらステキな事じゃないですか。ひとつひとつの傷も思い出ですが、こんなキレイに仕上がってても嬉しいかもね。
そんなわけで、子供が卒業した後はお父さんのオモチャになる可能性を秘めているって事みたいです。FRP製のフェンダーやシートカウルは単体で購入も可能。カラータイヤやウィール、ハンドルやグリップ等カスタムパーツも結構あるようなのでラジオフライヤーカスタムのように楽しめそうですね。ショップの飾りとしても売れているようですよ。



ガレージの飾りとして、こんなサインボードも需要がありますね。



使い方はあなた次第。プラグケースもガレージの雰囲気を出すには最高だなぁー。



もちろん洋服やミニカーもたくさんありますよ。



基本的にモーターサイクルはエントリー車の荷台などに載せてるとかじゃないと飾れないのですが、ショップなんかにはデモとして置いてあったりします。これはムーンアイズの新作チョッパーですね。



このピンストライプが施されたムーンディスクはSCNのアワード獲得者に贈呈されるトロフィーです。デキアイのトロフィーはもらっても置き場に困りますが、これは皆が憧れる自慢のトロフィーです。



5日間に渡りSCN2014をレポートしてきましたがいかがでしたか?アメリカナイズドされた・・・と括られたイベントの雰囲気が伝われば嬉しく思います。さくらモーニングクルーズのDNAはやっぱりSCNにあるんだと私も再認識しました。いつまでお台場で開催できるのか?今年はエントリー台数が大幅に制限した開催となりました。会場の物理的な事情は仕方がありませんが、今後の継続には主催者の方々の尽力はもちろん、参加する私達の行動にかかっている部分は大きいと思います。楽しいイベントが素晴らしいロケーションでいつまでも開催できるように力を合わせましょう!

2014 Street Car Nationals 1
2014 Street Car Nationals 2
2014 Street Car Nationals 3
2014 Street Car Nationals 4
2014 Street Car Nationals 5

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/901-1e69e552
    この記事へのトラックバック