ハウスインナー・フレームについて 2

2014年06月11日 11:17

このBlogでもハウスインナーは組み立てやすさも考えてデザインしていますってのは何度かに渡って書いてきました。

hibarabara2.jpg
参考過去記事
ハウスインナーは、組み立てやすさも追求しました
組み立てやすさの追求 2.0


ハウスインナーのデザインをする前に、まずどうやったらこのような構造物をひとりで組み立てられるか・・・足場パイプで作ったときの経験を踏まえて、組立説明書をまず作ったんですよ。そこからこの組立説明書のように組み立てるにはどんな構造がいいのか?そんな風に逆算して考えてみました。

hikkake.jpg

いくつも工夫したポイントがあるのですが、ひとつは長い梁を取付ける手順と構造です。ハウスインナーの部品では一番重い3本の梁は2.7m幅で約10kg。まぁ、単体で考えればそんなに重くないのですが、それを高い位置に狙いを付けて固定するって考えるとそれなりに大変。

hikkake2.jpg

ここまで見せていいのかな・・・(汗)こんな風に梁の先端が柱にワンタッチで引っかかり、規定の位置に納まるとロックされる機構になっています。

赤いハウスインナー

このような積み重ねがあったので展示会での設営はスムーズに終わりました。そう考えると僕らの想定していたガレージやリビングの空間を有効に活用する以外に、店舗ショールーム、イベントで使う什器にも使えるのかもしれませんね。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/932-5b4af7f6
    この記事へのトラックバック