ハウスインナー・フレームについて 4

2014年06月13日 12:45

先日の記事ハウスインナー・フレームについて 2でもハウスインナーの組み立てやすさについて書きましたが、今回はその順をざっと写真で追ってみます。

ハウスインナーはひとりで半日楽しみながら組み上げる感覚で完成できるようにデザインしました。ただし、それは部屋の間口方向一杯に建てる時を想定して。大きな空間では支えてくれる人が必要になります。まぁ、とにかく見て下さい。

1.構成部品
kumita1.jpg

写真の部材とボルト類になります。必要な工具は+ドライバーと14.17mmソケットやメガネレンチ。電動ドライバーがあれば効率はグッと上がります。

2.ならべよう
kumita2.jpg

ハウスインナーを建てる場所に部品をあらかじめ並べましょう。組立説明書に並べ方が書いてあります。

3.壁部分を組み立てよう
kumita3.jpg

側面部分を組み立てます。予め細かい部品は組み付けてあるので簡単です。

4.側面部分組付け
kumita4.jpg

こんな風に組み付けます

5.側面壁立ち上げよう
kumita5.jpg

ガレージの壁によいしょっと立てかけます。更に同じように逆側の壁部分も作って立ち上げましょう。

6.正面梁をかけよう
kumita6.jpg

柱のワンタッチフックに梁を引っ掛けます。

7.正面ブレスで固定しよう
kumita7.jpg

トラス構造がカッコイイ正面ブレスはこのハウスインナーの要。こいつを固定することで垂直、水平がひっかりと出るようにデザインしました。この10mmのボルトは穴もきっちりジャストな大きさなのでちょっとコツがいりますが説明書を見てもらえば大丈夫。

8.完成
白いハウスインナー

木パネルなどを取付ければ完成です!完成してからのお楽しみだけを考えればもっと違ったデザインもあったかもしれませんが、ハウスインナーとお客様の出会いも楽しいワクワクしたものであって欲しい。そんな気持ちもあるんです。こんなステキな出会い・・・日本全国に届けます。フレーム一式で48万円から。(梱包、配送料は別)お気軽にお問い合わせ下さい。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/934-f8222d24
    この記事へのトラックバック