ガレージの悩み解消法

2014年06月25日 11:11

ガレージングEXPOで皆さんに頂いたアンケートを見ているとガレージの悩みの中で一番多かったのは狭いことでした。それで立体的に空間が有効活用できるハウスインナーに興味を持って頂いたようです。

hideck3.jpg

壁面や天井に気軽に物を固定できたら便利だよな・・・それなら平面を有効に使えるぞ!ってイメージが広がったんでしょう。それでは、その平面をどうやって使うか?クルマ、オートバイ、自転車の整備って声が一番多く、次いでハンドクラフト(木工やレザー加工)、プラモデル(ラジコン)に続く感じでした。

イベントの性格的に、いわゆる男の隠れ家ってイメージに合うようなお父さんの趣味が多い感じ。そうなると予算も面積も奥様の許可を得られないってパターン。悩みは最初に戻ってガレージのスペースを確保できない・・・って事になるんですよ・・・クルマを駐車しておくスペースにそんなに構ってられない!ってね。

隠れるのを止めませんか?
白いハウスインナー

過去記事「ガレージングEXPO招待状を発送しました」でも以下のように書きました・・・

ガレージライフからホビーライフへ
48PRODUCTは、ハウスインナーを単なるガレージのアイテムだとは考えていません。もちろんガレージライフを実践しながら私達が欲しい!あったらいいなと思ったモノを開発しました。「ガレージライフ」・・・この言葉はひとつの世界観をわかりやすく表していますし、誰もが想像しやすい便利な一般名称になりました。もちろん私達も喜んでこの言葉を使ってきました。しかし、その世界観が育まれ進化して行く過程で、ある意味ひとつの世界に捕われてしまっている気もします。それなら、ガレージライフをもっと大きな枠でホービーライフと捉えたらどうなるだろう?と考えました。

・ガレージライフってガレージがないとできないの?
・ガレージは男の隠れ家なの?


そこで私達は従来のガレージライフ的な展示と上写真のようなイメージを変えた展示をしました。これを見て女性のお客様が「リビングにあったらいいね」と言って頂けました。子供が遊べるとか、キッチンの道具を置いてもいいなど隠れ家では出てこない発想を刺激したわけです。

それならハウスインナーを使って、ガレージをクルマを置いておくだけのスペースではなく、家族で楽しめるスペースにしたらいかがでしょうか?

hobbylifehi.jpg

リビングとの違いは土足でOKな土間空間である事。もっとダイナミックな使い方が可能です。ペットのグルーミングやガーデニングの仕込みだったり室内エクササイズなんかもいいですね。
また、応接間としての活用も有効です。ココがカフェのように居心地の良い空間であればそんな事も十分に可能です。現に48LABはそんな風に活用していますよ。リビングにまで上げると片付いていないとか、生活が見えてしまうとか気になる方も多いでしょ?

hi_seven.jpg

よりクリエイティブなホビースペースに・・・を全面に出して予算も面積も確保。僕らは粛々とガレージライフのベースを作れればいいんですよ(笑)

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/941-af4a9092
    この記事へのトラックバック