がんばれトリシティー

2014年07月02日 11:51

2013年の東京モーターショーで話題になったヤマハの三輪スクーター「LMW TRICITY(トリシティー)」が発売になりました。



このblogでは過去記事「3輪車は子供だけのものじゃない」をはじめ何度か取り上げています。このトリシュティーの予定販売価格は40万円台と伝えられていて、その価格なら普及するんじゃないかとワクワクした事を覚えているのですが、実際の販売価格は33万円(税抜)とのこと!タイ生産ではありますがこれは安いんじゃないでしょうか。同社シグナス125が27万円(税抜)ですからね。これは驚きました。



個人的にはエッジの効いたこの手のスクーターデザインがあまり好みじゃないのですが、パッケージングとしては凄く興味があって、日本で走っている軽自動車の10%がこれに変わったら世の中が変わるんじゃないかと想像したりします。

bicycleroad.jpg

最近は地元でも自転車通行帯の整備がチラホラ見られるようになってきました。この日は自転車で最寄り駅まで走ったのですが停車車両専用スペースになっていて結局は大きく車道にはみ出して走行しなければなりません。バスレーンや自転車レーンがいくら整備されてもこの状態。実際にこれだけクルマがいたらそっち優先になっちゃいますよね。自転車をはじめ、マイクロカー、シニアカーにこの手の3輪スクーターなど速度域の違う乗物を無視できないくらいにならないと、悲しいかな世の中は変わらないんじゃないかとも思ったり。

piaggiomp3.jpg

ですから、これからのパーソナルコミューターについてとか、道路利用の今後についても大きな1台になって欲しいのですが、やっぱり"楽しそうだから乗ってみたい!"って思わせないとね。それをバイクに乗った事がない方にも伝わったらいいですね。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/944-65f8c0bc
    この記事へのトラックバック