ステーションワゴン

2014年07月03日 10:47

サッカーワールドカップ、ウィンブルドンテニスと世界中でスポーツのビッグイベントが盛り上がっていますね。日本的にはサッカーは予選敗退、テニスの方は錦織選手が惜しくもベスト8ならずって所で一段落かな。

jcrrarashiro.jpg

そして、今週末にはツール・ド・フランスが開幕します。日本からは新城選手が選ばれました。もう、今年に関してはベテランとして仕事をしっかりこなす計算できる選手としてシーズンはじまる前からこのツール・ド・フランスがスケジュールに入っていたようです。フランスで開催される世界最大の自転車レースで、新城選手の所属するチームはフランスで1番人気も実績もあるチーム。出場する選手はフランス人ばかりで、外国人は新城選手だけなんですよ。そこで選ばれる事って本当に凄いんです。

jcrr02.jpg

自転車レースには、自動車やオートバイの存在がなくてはならないものでそれについて以前「サポートカー」って記事で書きました。このサポートカーもいくつか種類があるのですが、この黄色のMAVICカーはニュートラルサポートと言いましてチームに関係なく、選手が機材トラブルを起こした時にサポートをします。

giro14arashiro.jpg
Photo by Ko_Yangseung

その他にチーム専用のクルマが各チームにあります。面白いのが監督が運転するところ。指示をメインで出すんだから助手席でいいのにって思うのですが・・・ちなみに日本のチーム右京は元F-1パイロット片山右京がドライブするってことになるんですよね。贅沢なチームカーだな。このクルマにはメカニックも同乗していて選手のトラブルに備えます。補給食を渡したり、ボトルを渡したり、寒い時にはウインドブレーカーなどの防寒具まで出てきます。いったいどれだけの物が積んであるんだろう?って思っていたのですが・・・


tdf14sky.jpg
Photo by TEAM SKY

現在最も強いチーム「TEAM SKY」のサポートカーの中身が公開されていました。これだけ機材を積んで更にスタッフが3名乗り込みます。専用の自転車ラックの搭載量も凄いですね。日本やアメリカ車は大きなステーションワゴンがミニバン系のトールワゴンに取って代わり絶滅危惧種ですが、欧州メーカーはいまだにたくさんラインナップされています。まさか自転車レースのおかげ・・・って事はありませんが、やっぱり背が低く積載量も多くて人間も快適に運べるワゴンっていいですね。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/945-4356e1f3
    この記事へのトラックバック