お互い様

2019年06月07日 14:51

48HQの周辺にはコインパーキングがたくさんあります。普段はカブ通勤ですが天候が荒れそうな時なんかは車で。その時のために一番安いコインパーキングを常にチェックしています。

semaimichi.jpeg

自転車は邪魔だなぁ
一番安い所には理由があります。駅や観光スポットから離れているとか、とても車が入りにくい狭い道だとか。私が使っているパーキングが道が狭いので周辺より割安。今日もこの駐車場に入れようと向かったのですが、銀行系の営業さんかな?黒いスチールボックスを荷台にくくりつけた自転車が邪魔で進めません。仕方がないので車を降りて自転車を端っこに寄せました。

自転車レーン

車は邪魔だなぁ
改めて自転車は車道を走ると通知されて、車道に自転車レーンが増えてきました。サイクリストでもある私にとってはとても嬉しいこと。走る場所の確保はもちろん、これがある事で多くのドライバーに"自転車は車道を走るのが普通"だと認知される効果も大きいと思います。

ただ、このスペースは車を一時停車するのに使われる事が多いんですよね。写真でも軽バンが止まっています。(これもそう)自転車で走っているとこの駐車車両を避けて車道中央に出なければなりません。駐車車両のギリギリを避けるとドアが不意に開くことなどもありますから、かなり大げさに避けたい所。後ろから走ってくる車は「自転車が怖い、危ない」って思うかもしれませんが、自転車から言わせたら「車がこんな自転車レーンを塞ぐからでしょ」って大きな声で言いたいわけ。



日本でもこのような自転車レーンを物理的に守るようになって欲しいですね。日本でも縁石で保護されているところなどありますが、歩道の一部として区切られている場合がほとんど。それだと対面通行が可能な歩道であり、自転車が走ることのできる車道(左側通行)とは違います。

こんな事を主張すると「日本は道路が狭いから・・・」なんて声も聞こえてきますが、欧州各国だって狭い道路で自転車の通行帯を確保してますよ。外国からたくさんの観光客が日本を訪れますが、そんな方達も左側通行に気をつけるだけで安全に移動ができるように。日本はゴミ拾いは得意だけど運転マナーは悪いなんて思われたくないですよね。どんな人も安全に道路をシェアできるようになるといいな。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

SPF材ウッドデッキの耐久性

2019年06月06日 11:45

アウトドアでも使えるハウスインナー®を設置してあるこのデッキ。

メッキ仕様 ハウスインナー®

作ってから13年ほど経っています。材料は安い2x4材(SPF材)で、施工した後に表面だけキシラデコールで塗装をしました。数年に1度同じ塗料で上塗りをしましたが、13年で3回くらいじゃないかな?かなりサボってしまいました。そんなズボらなメンテでよくここまで耐えてくれました。雨ざらしですが、日当たりは良く、デッキの下が土ではないので湿気が少ない条件が味方したのかな。広葉樹系の硬いデッキ材の方が耐久性がありますが、SPF材でも10年以上耐えます。

inu_akita.jpeg

流石にひび割れがひどく、木ビス周辺は特にボロボロになってきました。最近このデッキでお留守番をしてくれている子犬がほじくるので、状態は加速度をつけて悪くなっています。

deckmoku.png

見かねて穴が開いたところから補修作業に入りました。またまたSPF材です。本当はせめて緑色のACQ加圧注入材を使えばいいのでしょうが。それに施工する前に塗装してから貼った方がいいですよね。皆さんはそうしましょう(苦笑)

ハウスインナー®の木パネルも納品するときには防腐処理などを行っていません。メッキ仕上げをしてハウスインナー®は屋外仕様になっても、木パネルがそのままだと先に腐ります。取り外して塗装をしましょう。近いうちにこのハウスインナー®の木パネルも塗装作業をしたいと思います。

プラスチックのフェイクウッドも増えてきましたが、これくらいの手間で自然の風合い、エイジングが楽しめる本物を使えるのであれば、本物を使いたいですよね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

アイデア

2019年06月05日 08:00

昔、オフロードバイクで走ったスーパー林道もいまではすっかりアスファルト舗装されているなんてのはよくある話。でも諦めるのはまだ早い。フラットな未舗装は首都圏を流れる河川の管理道路として残されています。普段は整備されたサイクリング道路を走っていますが、たまには堤防を降りてみるのも面白い。

20190603111932a7a.jpg

ただペダルを回していれば進む舗装路とは勝手が違います。深い砂利道は自転車の真ん中にしっかり乗れていないとハンドルを取られてまっすぐ進めません。いたずらにペダルに力を込めても、ただタイヤは空転するばかり。後輪のトラクションをお尻で感じながら丁寧なペダリングが必要です。

IMG_1878.jpeg

少し走れば海や山など豊かな自然が待ち受ける・・・そんな恵まれた地域ではありませんが、ここにはここなりのフィールドがあって楽しみ方がある。ただの平坦な砂利道も、ちょっとしたアイデアで楽しくなるのを知っています。

hi_tarzan.jpg

ハウスインナー®を使って遊び方を発明し続ける姪っ子。シンプルにもっとガレージ遊びを楽しむために生まれたハウスインナー®。遊びでも仕事でも、ハウスインナー®を使って本気で試行錯誤してくれる人がいる限りハウスインナー®の世界はもっと広がっていくでしょう。

次はどんな場所でハウスインナー®が活躍できるのか?皆さんのアイデアをお待ちしています。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポーツサイクルショップとハウスインナー®

2019年06月04日 08:00

東京都狛江市のスポーツサイクルショップ「ビチクレッタ・シド」様にてハウスインナー®を採用していただきました。

bicishidoshop.jpeg
ビチクレッタ・シド Web Site

同市からのお引越し&リニューアルに合わせて納品&組み立て作業。その段階ではお店の内装もまだまだでしたが、先日お邪魔した際には、もう何年もここで開業されているかのような雰囲気でした。

cycleshop_hi.jpeg

使い込んだ設備や工具類がハウスインナー®に命をふき込んだ感じでしょうか。しっかりとした作業台が欲しいとのことでハウスインナー®専用の作業台ステーに脚部品を追加して更にヘビーデューティに仕上がっていました。

hi_side_1unit.jpeg

サイドパネルは商品が並べられるようにメッシュ仕上げになっていました。ハウスインナー®下で作業をしながらも、お客様が店内で商品を見ている雰囲気を感じられるように、自然に視線を遮る工夫。

ac100_hi.jpeg

ハウスインナー®の梁には高圧エアーホースが仕込まれていて、コンプレッサーからホースリールの配管が目立たないようにしてあります。AC100V電源もハウスインナー®を使って配線されていました。

店内は自然の温もりを感じるような木質系の仕上がりで、比較的シンプルにすっきりとスポーツバイクや関連部品がディスプレイされていました。一方ハウスインナー®のあるピットエリアはたくさんの工具や油脂類、部品が並べられていますが、どれもが機能的に配置されていて、信頼できるプロの仕事場の雰囲気。このある意味両極端の雰囲気をゆるやかにゾーニングして同じ場所で成り立たせる。これもハウスインナー®の機能の一部だと思います。

引っ越して数日でこれほどまでにハウスインナー®があって当たり前の雰囲気まで作り上げるのは、ビチクレッタ・シド様のプロとしての経験とそれを元にしたビジョンが先にあったからでしょう。そして、その経験は積み重ねられ、ハウスインナー®に反映されていくことだと思います。その変化を私はとても楽しみにしています。ハウスインナー®を採用していただきましてありがとうございました。

ビチクレッタ・シド Web Site

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

さくらモーニングクルーズ Vol.95

2019年06月03日 10:46

毎月第一日曜日のお楽しみ。久しぶりにホーム権現堂にてさくらモーニングクルーズを開催しました。程よく曇っていて、風もあって過ごしやすい1日でした。

61950818_2808777499138032_1314414280686174208_n.jpg
Photo by バオヤッキー

早めにFBで告知をしていたのですがいつにも増して「いいね!」の数も多く、一部の車好きにとってライフスタイルに欠かせないイベントとして定着をしてきたのかもしれませんね。なんせもうすぐ100回ですから。

62000106_2808777312471384_8886383989368029184_n.jpg
Photo by バオヤッキー

特に今回も写真を撮影して提供してくれたバオヤッキーさんは、はじまった当初からの参加者で、ずっとさくらモーニングクルーズを応援してくれています。

61777163_2808777622471353_8026935568577331200_n.jpg
Photo by バオヤッキー

スタートは英国クラシックカーが中心。スーパーセブン、ミニの方々も当初からたくさん来てくれました。そこから徐々に様々なクルマが増えていきます。比較的高年式のアルファロメオ、VWバス、マツダ・ロードスター、ダイハツ・コペンなどグループで参加されているようですね。

61759434_2808777189138063_5940520965342494720_n.jpg
Photo by バオヤッキー

アメリカ車は少数派ですが、それでも以前よりは台数が見られるようになりました。いろいろな価値観の車が同じ場所と時間を共有して、お互い良い刺激になるような関係性にある。皆様のおかげで、そんな集りに育っていると思います。

62017151_2808777172471398_2055171039733743616_n.jpg
Photo by バオヤッキー

この日も約70台ほどのクルマが集まりました。これだけの台数が定期的に集まれば問題が起きてもおかしくありませんが、問題起きるどころか、逆に「ウチで場所を貸すから権現堂が使えない時はいつでも言って下さい」といくつものお誘いがあります。愛好家同士の楽しみが、周囲にも良い影響を与える。これはこの地域の文化と呼ばれるような何かになる第一歩なのかもしれません。

#さくらモーニングクルーズ
いつもSNSなどでのシェアありがとうございます。都合がつかなくて行けなかった人たちに楽しかったのおすそ分け。あなたのおかげで「次回こそ行くぞ!」の種を蒔く事ができています。本当にありがとうございます。
皆さんもぜひ #さくらモーニングクルーズ で検索してみて下さい。シェアしてくれた人それぞれの切り取り方があって面白いですよ。Twitterやinstagramよりもみんカラユーザーが多いのかな?

48baner.gif

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!