東京オートサロン2019

2019年01月15日 11:52

昨年はお休みしちゃいましたが今年もオートサロンに行ってきましたよ。2017の時も書いてますが環境問題など避けては通れないモーターショーと違って、オートサロンは直感的、純粋な欲望をカタチにしたようなクルマが多いのが特徴だと思っています。普段あまりこのシーンを追いかけていないので、事前の予習なしに体感する事を目的に行ってきました。

DSC_0020

トヨタは発表直前のニュースープラに合わせて過去のレーシングスープラを展示していました。現役で走っている時代をサーキットで見ていることもあって、いきなりノスタルジックな感じになりました。

DSC_0062

オートサロンで唯一の明確な目的と言えばこのジムニー・シエラのピックアップカスタム。ボリューム、迫力、凝縮した感じがちょうど良く欲しくなっちゃいますね。

DSC_0056

電動ウインチ付きのジムニーの方も。またスズキ以外のブースにジムニーは結構並んでいて様々なアプローチでカスタムされていた印象。まだバックオーダーの状態だと思いますが、納車前に妄想が膨らみますね。

DSC_0101

ジムニー以上に目についたのが軽トラックのカスタム。ダイハツブースでも展開していましたが、それ以外にもたくさんありました。海外でも人気とブログでも記事にしましたが、日本でもかなり盛り上がってきましたね。

DSC_0143

リフトアップにオーバーフェンダーは定番でキャビンまで覆うロールケージ(兼キャリア)がトレンドでしょうか。

DSC_0160

雨の多い日本では幌付きがやっぱり便利ってところで、こんなスタイルも見られました。箱バンベースもありましたよ。くたびれた安いベース車を探してきて遊ぶには最高のカテゴリーですね。長距離移動とか高速道路とか雨とかあまりいろいろな事を考えると中途半端になるので、近所のホームセンターと自宅を往復するDIYのパートナーとか限定した使い方に適した仕様を考えるのが楽しそう。

短い時間で広い会場を回るので多彩なゲストの話をじっくり聞く時間はとれませんでしたが、ジェイソン・バトンケン・ブロックのトークショーは聞きたかったな。

45991785694_86c86fd898_z.jpg

最新の市販車も普段なかなかじっくり見る事もないのですが、新しいMAZDA3はハッチバックのクォーターパネルが忙しいキャラクターラインもなくシンプルだけど、ハリがあってとても印象的でした。

DSC_0356

賛否両論を巻き起こしたデリカD:5もはじめて実車を拝見。

DSC_0464

個人的にはイカツイ顔のミニバンに飽き飽きしているので、新しいD:5には懐疑的な立場でした。ほとんどの人が都市で使うんだしこんな雰囲気もありなんだと思いました。

DSC_0443

ガレージ的な展示を探したのですが、今年は特になかったかな。「オープンハウス」と大きく掲げられていたホンダのブースがありましたが、結局意味がわかりませんでした。ホンダアクセスによると「楽しみ上手な家族の家」・・・だそうです。

DSC_0449

とにかく写真は片っ端から撮ってきたのでお時間ある時に見てください。

Flickr!アルバム(463pics)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

7つの開発理念と日本自動車殿堂

2019年01月11日 08:00

日本自動車殿堂のサイトでたまたま見つけた原禎一さんの「自動車の本質を貫く開発に挑む」日産自動車 元専務取締役 原 禎一を読みました。

11095812585_0a1ecf4163_z.jpg

氏の功績はここで抜粋するのも難しいほどたくさんあるので、お時間のある時にリンク先「自動車の本質を貫く開発に挑む」日産自動車 元専務取締役 原 禎一を読んでいただければと思います。戦後からダットサンの開発に取り組み510ブルーバードやS30Z、初代ローレルの企画に直接取り組んでいたそうです。このページの最後に7つの開発理念として以下の文言が記されていました。1年が始まる時期ですからこんなのもいいでしょ?

①他社商品を模倣しない。尊重する気持ちで臨め。欧州では似た商品を出す事は恥とされる。

②開発期間を短縮する悪影響をわきまえよ。

③企業の首脳部は全員が自動車人であるべき。細かい技術まで正確に語れる人材が必要。

④車種の整理は重要であり、大きな決断力を必要とする。

⑤車種を命名したら、これを守り抜け。

⑥設計に関わった人は配転があっても、その後の結果を追い求めよ。自分の技量が理解出来て自己の成長に繋がる。

⑦一度失敗した人にも一回は次のチャンスを作ってあげよう。失敗は非常に勉強になった筈だから。


1980-1981 NISSAN SUNNY CALIFORNIA B310

ありがたいお言葉です。時代とともにこの理念も変わっていくことだと思いますが、⑤車種を命名したら、これを守り抜けとありますが、現在はサニーもブルーバードもセドリックもグロリアもローレルもありません・・・④で言う通り大きな決断で車種を整理したんだと思いますが、せめてGT-Rはスカイラインのスポーツモデルであって欲しかったな。

SUBARU 1000
2017年歴史遺産車選定 1966 スバル1000

それはさておき、恥ずかしながら今まで日本自動車殿堂なんて組織を意識したことはありまでした。どんな活動をされているのかサイトでチェックすると・・・歴史的遺産車の選定なんてのもやってるんですね。カーオブザイヤーくらいはもちろん知っていますが、テクノロジーイヤー、デザインイヤーなど様々な切り口でイヤーカーを選出しているようです

HONDA Dream CB750Four
2018年歴史遺産車選定 Honda Dream CB750 FOUR

ヨンパチブログでも海外の自動車文化に触れ、例えば英国車の遺産証明所取得方法ヒストリックカーへの減税や保険の話を題材に日本は作って売る台数では世界一になれても近代遺産、文化として自動車を捕らえられているかっていうと・・・みたいな事を書きました。このような素晴らしい組織があるのであれば、日本でもヒストリックカーにまつわる環境を良くしていく動きみたいなものは生まれないものなんですかね。 せめて遺産証明書が出るくらいになって欲しいな。この組織がやるかどうかは別にしてね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

高級セダンをアピールする場所?

2019年01月10日 08:00

スポーツはやるのも観るのも好きな私。お正月は箱根駅伝を割と長い時間観ていました。スポーツとして純粋に箱根駅伝を楽しみつつ、クルマ好きならどうしたって伴走車も気になるところでしょう。

mitsubishi jeep

箱根の伴走車と言えばジープが定番でした。自衛隊に協力を仰いで行なっていたとのこと。監督がクルマから檄を飛ばす風景がCM前の過去映像でも流されていたと思います。でも走っている選手にとってはジープの排気ガスは嫌じゃなかったのかな・・・当時はそれが当たり前だったからそんな疑問も湧かなかったのか?

6491400513_d3eb8e0546_z.jpg
2011東京モーターショー Kanto Auto Works' FS Hybrid Concept

今年話題をさらったのが「トヨタ センチュリーGRMN」でした。かなりの視聴率を見込める箱根駅伝はプロモーション効果が絶大だと思いますが、大きな白いセダンに選手が追いかけているように見えたのは私だけでしょうか。それ言ったらJeepの方が怖い人乗ってそうか(苦笑)

それよりも伴走するクルマが多くて後ろの選手が見えないのが気になりました。選手の安全を保つため、レースを円滑に進めるため、テレビ中継のためなど様々な仕事があるのだと思いますが、本当にこんなにいるんですかね・・・。

SUZUKI BANDIT 1250F

選手のためにハイブリッドや電気自動車をベースにもっと小さな2輪に近い車両だったら、後ろの選手がどれくらいの距離にいるのかなど見通せます。

DSC_0295

マイクロEVなんかが活躍するような雰囲気になったらいいのにな。そんなにプロモーションの場として最適なら高級セダンよりも、もっと楽しい未来を見たいよね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!




Rocky IV

2019年01月09日 08:00

お正月休み中に映画をたくさん観ました。映画館へ足を運んだのは1度ですが、あとはオンデマンドで見逃していた話題作、過去に見た作品を改めて味わったり。その中で週末に公開の「クリード 炎の宿敵」を楽しむために「ROCKY 4 炎の友情」から行きましょう!

Lamborghini Jalpa P3500
Lamborghini Jalpa

ヘビー級チャンプとなりビッグマネーを手にしたロッキー・バルボアの愛車はランボルギーニ。当時のランボルギーのに中では日常の使い勝手を考えて作ったジャルパに乗っていました。

Lamborghini Countach LP 500 S
10358530805_223e219322_z.jpg

自宅前には赤いカウンタックも並べてありました。

Nissan 300ZX
NISSAN FAIRLADY Z

ロッキー最愛の奥様エイドリアンはフェアレディZに乗ってましたよ。やはりアメリカ人にとってズィーカーは特別なようです。劇中では1984年のターボモデルだったみたい。

1972 Mercedes-Benz 280 SEL 4.5
43722205074_184f7b039b_z.jpg

物語の後半、舞台はソ連に飛びます。そこでソ連の監視を受けながら山奥でトレーニングを続けるロッキー。監視役が乗っていたのが縦目のメルセデスでした。ちょっと旧型ってところが東西冷戦時代共産主義国を表しているのでしょう。

でも、この映画で最も印象に残っていたのがこの家庭用ロボット。エイドリアンの兄ポーリーの誕生日プレゼントとしてロッキーから贈られました。

robot_rocky4.jpg
すごいですね・・・

途中設定変更をしてポーリーの彼女っぽく言語設定を変えられていたりして。34年前に考えていた未来を感じられて面白かったです。

スタローンは若いし、James Brownの「Living in America」聴けるし、ソ連の科学的トレーニングの物々しさも今見ると微笑ましい。ストーリーも良い感じで緩くて正月見るにはちょうど良かったです。さぁ、「クリード 炎の宿敵」でアポロの息子が父の仇ドラゴの息子にどう向き合うのか!?とても楽しみです。ちょうど3連休だし観に行きたいな。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ヨンパチサイクリングジャージ(Ver2)完成しました!

2019年01月08日 10:42

昨年末に受注販売募集をさせていただいたサイクリングジャージが年明けに入荷しました。工場が日本の正月休みとは無縁(旧正月重視)なので早いみたい。

IMG_4898.jpeg

写真は上下が繋がっているスキンスーツと呼ばれるタイプ。動きやすく空気抵抗も少ない競技向けのジャージです。オーダーいただいた方には昨日のうちに発送を済ませました。早ければ本日中にお手元に届くと思いますので、もう少々お待ちください。

私もこれを着てレースに復帰できる日が待ち遠しいです。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!