巻き込み事故から考える

2017年06月16日 11:26

今日の通勤中に国道6号線にて自転車とクルマの事故を見ました。ちょっと渋滞していたのはこれが原因。通り過ぎながらチラッと見ただけですが、左折途中のクルマが停止していて、その内側に自転車が倒れていました。(もしかしたら側道から国道に出る際に歩道を横切るのでそこの事故かもしれません。)すでに数名の人が事故後の処理を手伝っている様子だったのでそのまま止まらずに会社へ向かいました。

救急車

自動車が左折する時の状況をクルマのドライバー、オートバイ乗り、サイクリストの観点で自分ならどうしているか考えてみました。

自動車側の視点
教習所では左折の30m手前で方向指示器を出すように教えられました。実際に30m手前が現実的かどうかは別として、大事なのはアクションを起こす前に方向指示器で周囲にお知らせする事だと思います。曲がりながらウインカーとか本当に止めて欲しいですよね。

1 ミラーで後方確認
2 ウインカー
3 目視
3 ブレーキ
3 少し左に寄せる
4 左折

イメージとしてはこんな感じかな、ミラーや目視での確認は完全に順番でわけているのではなく適宜となりますが。最初の後方確認でオートバイや自転車を見つけた場合とそれ以外でも変わってくるでしょう。

オートバイの視点
交差点ではクルマと並走しないようにします。ウインカーが出れば車線内で逆側に進路を少し変更します。自分が死角に入っていないかも意識しています。

ウインカーを曲がりながら出すドライバーもいることを意識。右に一度ハンドルを切って、左にウインカーを出しながら曲がるドライバーもいますからね。

自転車側の視点
基本的な事ですが原則的に車道をクルマと同じように左側通行で走ります。車道の逆走は絶対にダメです。
交差点では特にオートバイの時と同じように自動車と並走しないように注意します。田舎道では特に信号で止まっているクルマの左側をすり抜けて前に出ません。ここで前に出ると、信号が青になった後、同じクルマに何度も抜かれる事となりお互いストレスとなるからです。
あまり広くない道では信号で後ろに止まっている大型トラックなどに身振り手振りで先に行ってもらうように促します。

国道4号線 事故現場

その状況になれば他にもいろいろ注意している事があるかもしれませんが、とにかく大事なのは周囲の状況を確認して、それぞれの動きを予測する事と自分がどんなアクションをするのか周りにアピールする事じゃないかと思います。

歩行者であり、ランナーであり、サイクリストであり、オートバイ乗りであり、ドライバーでもある私。様々なカタチで公道を利用しているからこそ見えてくる部分があります。それでも年老いて体力が落ちてきた事だったり、体の不自由な方の事は実感としてなかなかわかりません。それでも想像する事はできます。自転車が邪魔だとかオートバイが危ないとかクルマが傲慢だ・・・そう言っていても何も変わりませんから。道路はみんなのもの。想像力を膨らませて安全運転で。

Jr



【お知らせ】
週末恒例のお得なクーポンが毎週出ています。ヨンパチTシャツ買うなら週末がチャンス。Facebookでお知らせもしていますが、メール会員登録をしましょう!

ヨンパチTシャツSHOP

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

手に馴染んだ道具

2017年06月15日 08:00

以前乗っていたクラウンはステアリングを変えていました。このステアリングはエルカミーノに乗っていた時に使っていたもので、それを流用しました。インテリアとのマッチングもバッチリでかなり気に入っていたんですよね。

レカラ

エアーバッグが当然の安全装備になってしまい、この楽しみは奪われました。楽しみだけでなく、自分の手に馴染んだステアリングを使う事は安全対策でもあったはず。過去記事「ドコイヂル?」でも取り合えげましたが、エアーバッグシステムの規格を共通化してハンドルを選べるようになりませんかね。

newaribag01.gif

ステリングにいろいろなボタンが付いたりしていますが、スポーツモデルなんかはもっとシンプルにしてもいいんじゃないかな。

DSC_0104

私が免許を取得した頃はクルマをカスタムする自由度はまだ残されていました。今は規制も厳しく、LEDライトなどで遊ぶのが人気あるとか。それもいいのでしょうが、照明のカスタムなんてクルマじゃなくてもいいよね。まだ人間が直接操作する楽しみを謳歌できるうちに、この辺のカスタムを楽しめるように。メーカーがアフタパーツメーカーと一緒にやってほしいな。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ドライブレコーダー

2017年06月14日 08:00

週末に飛び込んできた高速道路のニュースは驚きましたね。高速道路にて対向車線を走っていたクルマが中央分離帯を飛び越えて反転しながらバスに接触しました。

参考:観光バスと乗用車の事故があった東名高速道路=愛知県新城市で2017年6月10日午前9時53分、本社ヘリから平川義之撮影

Japanese Bus

バスにはドライブレコーダーが取り付けてあり、リアルタイムで本部の方へ映像が配信されてそうです。その凄まじい事故の様子がすぐさまニュースで放送されました。その映像とともにデジタル式運行記録計の情報も開示されバス側に問題がなかった事を発表しました。バスの事故は社会問題となっておりますが、業者側もそれらの対策として様々な対策を講じている事を知らしめるニュースでもありました。

ドラレコ

しかし、想像もしていない事故は起きますね。これだけの事故の場合、ドライバーも大きな怪我を負っています。その中で事故の状況を説明するのは本当に困難でしょう。新型バスの安全性と共にドライブレコーダーの有用性が改めてクローズアップされています。

私も身近な方の事故がキッカケでドライブレコーダーの導入に踏み切りました。その方の証言では、右折待ちで矢印が出たので右折を始めた。対向車線のクルマも止まっているのを確認したが、その後ろのクルマが停車しているクルマを避けて直進してぶつけられたそうです。その話だけ聞いていればすぐに決着が付く事案に感じましたが、実際は簡単に話はついていません。そこにドライブレコーダーがあったらどうだったんだろうと思いました。

この手のデジタル機器の価格はどんどん下がっています。まだ取り付けていない方は検討される事をお勧めします。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

アップデート

2017年06月13日 08:00

アウトランダー PHEVとの付き合いも半年くらい経過したのかな。毎日の脚となっているスーパーカブには敵いませんが順調に距離を伸ばしてシンクロ度も高まってきました。

outlanderdatsun.jpg

自宅での充電によって50キロ前後は電気モーターのみで走る事ができます。「ヌーン・・・」と静かなモーター音のみで小さくはない車体が動き出す様はなかなか面白い。電気モーター特有の0発進からの加速は車重もあるので官能的とは言えませんが、逆に特に盛り上がる事もなくフラットでスムーズに加速するので、とてもリラックスして運転に臨む事ができます。

MITSUBISHI OUTLANDER PHEV

そんなアウトランダー PHEVですが、先日リコール作業が発表されました。エンジン始動関連のプログラムにミスがありプラグがくすぶりエンジンが始動できなくなり(充電ができなくなり)走行不可能になるとの事。スパークプラグの交換とECUのプログラム更新をしてもらいました。作業待ち時間は30分ほど。

でも、コンピューターの書き換えで問題がなくなるなら、もっと積極的にアップグレードできるようにならないかな・・・って思うんですよね。マイナーチェンジしてPHEVの制御はより洗練されていると思うのですが、それを反映できないものなのでしょうか。スマホやパソコンでは当たり前の事ですよね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

6ホイールライフ タンデムとリカンベント編

2017年06月12日 11:47

乗らない時でも411に自転車を積んで6ホイールライフを演出しておりますが・・・

alfadatsun.jpg

もっと大きな自転車ってどうやって運ぶんだろうと疑問に持っていました。例えばリカンベントやタンデムサイクルなど。乗ると楽しいけれど、一般公道で自由に走る事ができる都道府県は残念ながらまだ限られています。

shoubuparkbike.png

自由に走れる場所まで運ぶのに大きなバンやトラックで運べるのは当たり前として、一般的なセダンやワゴンなどで積む事ができれば自転車の楽しみが広がると思ったわけです。

ネットで調べてみると力技的解決方法がたくさんあって、日本はまだまだ遅れていると思った次第です。

9324d0688be0c9470e28082b158843d5.jpg

どう考えても、どう見ても全幅からはみ出していて日本でこの方法は無理ですね・・・

tandem-car1.jpg

それなら持ち上げてしまえってのも・・・これもまだはみ出ている。

tatetabndem.png

垂直尾翼のように立ててしまえばいいのか。凄い解決策ですね。

verticalrack.jpg

この方法ならリカンベントでも積む事ができますね。テールランプを隠す事もなさそうですし。

smart_tandem_rack_original.jpg

重い車体を持ち上げるのは大変そうですがルーフ積みもあるようです。クルマが小さければ小さいほど、大きな自転車を積んでいる感じが楽しげで良いです。

ロードバイク、シクロクロス、MTBと自転車の奥深さにはまっていますが、まだまだ沼は深そうです(笑)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!